八尾市PR動画の撮影であった!

昨日、八尾市のPR動画の撮影があった。
詳しい内容はあえて説明しないが、ある少年が、八尾市内のいろんな所に行きながら、古墳にやってきて余と出会う。そして…という感じ。

まずは、軽く打合せ。

「なるほど。分かったぞ」案外!?真面目に聞く余。

出会いへ…(見えるかな?)

出会い!

移動!

対決!

その後は…
2月中頃に完成予定の動画を見てくれ。

全体の進行はナレーションが入るので、余のセリフはなしだけどな。

最後は、主人公の少年と記念撮影!
八尾の小学3年生の和田真祈くんだ。撮影は12月から続いていて、この日も何カ所か撮影して終了するそうだ。ご苦労!

動画には、八尾市出身の有名人も出るそうだが、どんな作品になっているか?スタッフのみんな、完成を楽しみにしているぞ~

1/11学び場、シリーズ古墳と博物館⑧「岩橋千塚古墳群と紀伊風土記の丘」を開催!

明日は、新年1回目の学び場だ。今年度続けている「古墳と博物館シリーズ」も残りわずか。今回はいつも世話になっている和歌山県立紀伊風土記の丘の活動と岩橋千塚古墳群について紹介してもらう。
興味のある者は是非!!

しおんじやま学び場【2020年1月内容】
シリーズ古墳と博物館⑧「岩橋千塚古墳群と紀伊風土記の丘」

日時:2020年1月11日(土)14時~15時ごろ予定(受付13時半から)
講師:和歌山県立紀伊風土記の丘 学芸員 金澤 舞さん
内容:古墳時代の豪族「紀氏一族」の墓ともいわれ、全国最大規模の古墳数を誇る国特別史跡「岩橋千塚古墳群」と、そこから出土した資料について紹介。またそれらの保存や展示、誰でも参加できる埴輪づくりといったイベントなど、紀伊風土記の丘の博物館活動についても紹介してもらいます。

場所:八尾市立しおんじやま古墳学習館 ガイダンスホール
対象:どなたでも
定員:30名
参加費:無料
申込み:不要(当日受付、先着順)
問合せ:八尾市立しおんじやま古墳学習館 
    電話072-941-3114

新年1日目。いろんな体験で満員御礼であった!

今日1月5日は、2020年最初の開館日であった。
古墳の見学はもちろん、歴史体験コーナーで来てくれるファミリーも多くて、1日にぎやかな学習館であった。

今日からスタートした1月の月替わり体験「干支のストラップを作ろう」を早速してくれたファミリーも。

お父さんお母さんも手伝って、頑張って作ってくれたぞ。

いい笑顔だ!

さらに、同じく今日からスタートした「古墳スタンプでオリジナルバッグを作ろう」と干支のストラップ作りを体験してくれた親子も。

さらに、いつも来てくれる子も。

こんな感じで、新年はいいスタートであった。
2020年もよろしくな~

新年企画第2弾、中身のない福袋!?オリジナルバックを作ろう~

2020年の新企画第2弾!
「ハニワこうてい& 八尾柄バックを作ろう」だ!!

これまで古墳スタンプラリーで作ってきた古墳キャラ・由義寺・八尾柄のスタンプを活用した企画。真っ白のトートバッグにいろんなスランプを自由に押して自分だけのバッグを作ってくれ!

さらにただ押すだけだと面白くないので、古墳型の型紙に押すことで、古墳柄にもなるぞ~

参加費は1つ550円。限定20名だから、中身はない袋だけど是非来て、作ってくれ!!

————————————————————-
 ハニワこうてい&八尾柄バックを作ろう
————————————————————-

内容:古墳キャラ・由義寺・八尾柄のいろんなスランプを真っ白なバッグに押して、オリジナルバッグにします。

日付:2020年1月5日~体験コーナー実施時(1/11は講座のため体験できません)
数量:先着20名まで
申込み:不要 当日学習館受付まで。
受付時間:9:30~15:00ごろ (11:45~13:00を除く)
参加費:1個550円(税込)
作業時間:30分ほど
対象:どなたでも
備考:混雑時は、体験まで少しお待ちいただく場合があります。

問合せ・申込み先
八尾市立しおんじやま古墳学習館
住所:大阪府八尾市大竹5-143-2
電話:072-941-3114

新年企画第1弾、月替り体験「干支のストラップを作ろう+ミニ置物にもできます」

2020年1月の月替わり体験は、「干支のストラップを作ろう+ミニ置物にもできます」だ。

奈良県の遺跡からねずみのひっかき傷のある土器が見つかっている。きっと古墳時代にも米が入った土師器にねずみがのっていたはずだ…

ということで、2020年の干支のねずみと土器をオーブン粘土で作って、ストラップかミニ置物にするのだ!かわいいだろ?

例年なら、干支のミニ埴輪を作ろう~をしていたが、ねずみの埴輪はないのでどうする?ムササビの埴輪はあるので、ムササビにする??という話もあったが、土器にのったねずみストラップで決定。
是非、この機会に作りに来てくれ!待っておるぞ~

-------------------
【月替わり歴史体験メニュー2020年1月】
干支のストラップを作ろう+ミニ置物にもできます
-------------------
内容:オーブン粘土で古代米の入った土器とそれを狙う?干支のねずみを作ります。

日付:2020年12月の土・日
※1/5・12・13・18・19・25・26日に体験できます。
(1/11…講座のため体験できません)

場所:八尾市立しおんじやま古墳学習館
受付時間:9:30~15:00ごろ (11:45~13:00を除く)
参加費:1個550円(税込)
作業時間:30分ほど
申込み:不要 当日学習館受付まで。先着40名まで
対象:どなたでも
備考:混雑時は、体験まで少しお待ちいただく場合があります。

問合せ・申込み先
八尾市立しおんじやま古墳学習館
住所:大阪府八尾市大竹5-143-2
電話:072-941-3114
休館日:毎週火曜日、祝日翌日など

2020年もよろしくな!

ハニワこうていだ!新年おめでとう。
ちなみに、世界征服を始めて8年目の昨年は…
7月に百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録。それに合わせて読売テレビの取材もあって、夏はたくさんの者が古墳に来てくれた。

また9月には京都で国際博物館会議(ICOM)が開催。しおんじやま古墳からも「みゅぜコット」などの企画に参加し、余の事も含めて世界発信してきた。


その他に「いきいき八尾環境フェス」でナイトミュージアムを初開催したり、古墳フェス・はにコットや、鳥取県のむきばんだ史跡公園、和歌山県の紀伊風土記の丘、兵庫県考古博物館、大阪府立弥生&近つ飛鳥博物館、きしわだ自然資料館など、出張活動も盛りだくさん。

確実に!?世界征服に一歩近づいた年であった!
ただ余の英語力は…
それはともかく、今年もよろしく頼むぞ~

2019年も無事終了!

2019年の学習館の開館は、12月27日で終了。さらに月末の金曜日で古墳そうじ部の活動日だったので、側近やボランティアたちと一緒に古墳の大そうじを行った。

古墳の桐の葉はまだ残っているが、他はほぼ落ちきったので、落ち葉集めと学習館周りの溝そうじ。

おかげでスッキリキレイになったぞ。ありがとう〜

さらに、年末年始の間も側近たちは定期的に古墳の巡回をしてくれている。もちろん特に何もないが、一応しとかないとな。そして、新年の挨拶も作って古墳に掲示。

これで、無事新年を迎えられそうだ。
この1年、みんなにはホントに世話になった。

ただ2019年は、結構バタバタ…世界征服に忙しくて、ブログやSNSの更新が少なくなってしまった。すまん。

報告できていない活動も多々あるが、ボチボチ報告していくから、2020年も引き続きよろしく頼むぞ。

それと余に年賀状をくれる者は、しおんじやま古墳まで送ってくれ。返事の年賀状を送るぞ。では来年もよろしく~!

大阪経済法科大学の学生たちがハニワ帝国のリアル国際化に!

12月16日に、しおんじやま古墳の近くにある大阪経済法科大学国際学部の呉原先生の授業で、学生たちが来てくれた。

大学の授業の課題で、八尾に関わりのある施設で国際化をするのをお手伝いしよう~というもの。これまでも恩智地区にできた茶吉庵のホームページの英訳もしたそうだ。

しおんじやま古墳では、先週古墳と学習館を見学してもらい、それを踏まえて学生たちがレポートを作ってきてくれた。その発表を聞きながら、学習館の館長から観光やインバウンドの状況などを説明。

でも正直なところ、外国からの来館者は少ないのが現状。
それは、こちらから外国語の発信をしていないから!ということも原因。
真面目な話、余も世界征服!と偉そうに言いながら、この有様。反省だな…マジで…

一応、ホームページも翻訳ボタンを押したら18か国語に対応することになってはいるが、学生に言わせるとその精度は…いまいちらしい。
学生の中に留学生が多いので、いろんな言語で見てもらったのだ。システム上、グーグル翻訳を利用しての簡易翻訳なので、現状ではその程度らしい…

ベトナム語のなんちゃって翻訳した、しおんじやま古墳のホームページ

ということで、今回は1月までの後期期間の残り少ない授業内での課題なので、既存のパンフレットの翻訳やSNSを使った簡単な発信が成果物になるかもしれないが、来年度以降もいろいろ作っていきましょう~って予定なので、今回の取り組み、これからの取り組みにも期待してくれ。

鳥取むきばんだ史跡公園「冬の古代体験」に行ってきたぞ~

12月8日に、鳥取県にある「むきばんだ史跡公園」に行ってきたぞ。
9月に実施予定だったイベントが台風で中止になったので、「冬の古代体験」として週替わりでいろんな博物館のワークショップができる企画に。

しおんじやま古墳からは、今年の秋イチオシの「発掘体験BOXで楽しもう~」

開始の10時前に来てくれる子もいて体験。むきばんだ史跡公園のボランティアの者にも手伝ってもらって実施したぞ。

部屋の中には、しおんじやま古墳のPRのチラシなども設置。

午後からもボチボチ参加者が来てくれて、しおんじやま古墳のことをしっかり紹介しながら参加者やボランティアの者たちとコミュニケーション。

友だち同士で来てくれたり…

小さい子たちも。むきばんだのスタッフにも「これはいいですね~」って好評であったぞ。

余のPRもしっかりして、シールもプレゼント。すると早速服につけてくれたぞ!

素晴らしい!!
さらに…

カバンに貼ってくれる子も。こっちも素晴らしい~!!
鳥取県にも余の国民がしっかり誕生したな。

ちなみに、むきばんだ史跡公園には、弥生時代の集落やお墓が発見された様子が残されており、いろいろ学ぶことができるぞ。

いろんな歴史体験も

ショップは冬季が休みらしく、この日が最後の営業日であった。
また来春に!

外に出ると、こんな絶景も!
手前に見えるのが、小さいが四隅突出型墳丘墓だ。

こちらは、むきばんだのウリの一つ、屋外で竪穴住居を発掘できる「はっくつ体験」&遺構展示館。

遺構館には、発掘当時のままの竪穴住居の遺構が残されているぞ。
竪穴が深い!


もちろん、竪穴住居が復元されている風景も見えるぞ。

こちらが発掘体験できるところ。5月から11月まで体験できるみたいだ。

竪穴住居がどんな土で埋まっているのかを表現している。

測量体験もできる。ということやってみた。

水道もデザインが凝っていたな。おもしろい!

遠くに見えるのは孝霊山。その奥に大山がある。

こんな気持ちいい風景が広がる「むきばんだ史跡公園」山陰の弥生時代を知りたいなら、是非行ってみてくれ!

むきばんだ史跡公園

高安小中学校の職場体験であった!

先週12月5、6日に、しおんじやま古墳からすぐ近くにある八尾市立高安小中学校(←小中一貫校なのだ)の8年生が1名、職場体験で余の臨時側近として働いてくれたぞ。

まずは、開館準備から

ちょうど落ち葉の時期なので、落ち葉掃除をしながらだ。

ゴミを拾ったり…
そして、館内に戻ってきたら、掃除機も。
あさイチは、そうじが側近の重要なお仕事なのだ。

それが終わったら、週末の事業の準備。クリスマスリース作りの材料を準備したり。

これは埴輪ストラップ作りをしてもらっているところ。
この後、展示室を見学してから、来月の月替わり体験の干支のストラップ作りの試作。

下の写真のように、ストラップだけじゃなく、ミニ置物にすることもできる!…予定だ

こんな感じで実際に必要な作業をしてもらって、あっという間の2日間の職場体験が終了。
体験の間にも、側近たちといろいろ話もしていたそうだ。学校、家、習い事…日頃の生活以外の場にいる、いろんな大人と交流することができたと思う。こういうことも職場体験の重要な点だな。

それはともかく、散歩でよく古墳にも来ているらしいので、また学習館にも遊びに来てくれよ!どうもありがとう~!