ハニワこうていの世界征服ブログ

ハニワ帝国の「ハニワこうてい」が、世界征服に向けて、本拠地である八尾市立しおんじやま古墳学習館で、日々どのようにして、地道に?国民を増やす活動をしているかのブログ

世界征服に向けての日々の様子…

2020年10月23日
今年度初の学校見学!で、初登場のワークシートだ!!
2020年9月15日
紀伊風土記の丘へ、河内一浩氏の野帳展へ行ってきたぞ~
2020年9月11日
豊岡市立歴史博物館から来客だ!
2020年9月11日
大阪YMCA 学院 日本語学科の生徒たちとオンラインで!
2020年9月10日
京都府立大学へ。考古学実習の授業で行ってきたぞ!
2020年9月7日
「大阪の古墳ミュージアムの魅力を知ろう オンライン見学会」無事開催したぞ!!
2020年8月24日
しおんじやま夏の体験まつりオンライン無事終了~&アンケート結果の報告・分析だ!
2020年8月4日
しおんじやま学び場オンライン初開催したぞ!
2020年6月28日
日常の古墳…歴史体験コーナーもボチボチ盛況で考古楽カードのプレゼントも!
2020年6月24日
初のオンライン企画「古墳カフェトーク4」を開催!全国から参加してくれたぞ~

「ハニワこうてい」とは?

プロフィール

いきなりだが、余はハニワ帝国のハニワこうていだ!
古墳をつくった人間にかわり、埴輪や古墳の魅力を伝えることで世界征服をめざしているのだ!!

ちなみに古墳に置かれた「蓋形(きぬがさがた)埴輪」が余のモデルなのだが、誕生秘話?や、なぜ世界征服を目指しているか?については、下のリンク先から余のプロフィールを見てくれ。


そんな世界征服を目指している「ハニワ帝国」は、大阪府八尾市にある国史跡「心合寺山(しおんじやま)古墳」が本拠地。普段はここで、古墳の見学者に魅力を伝えて地道に国民を増やしているのだ。


そうそう、余は上から目線だが自らしゃべって、学芸員並みの解説をするぞ。これはかなり珍しいだろ。


だが人間たちは、余の見た目から「こわキャラ」とか呼んで怖がっておるようだ。赤ちゃんにはよく泣かれる…困ったものだ。余はエライだけで、決して怖くはないぞ。皇帝だから仕方ないのだ。


だが、しおんじやま古墳は本拠地にしておるが、いつもはおらんぞ。余は世界征服でいそがしいのだ!ま~大人の事情…。そういうことなのだ!!
じゃ、いつ登場するか?基本、学校の団体見学やイベントの時にだけ。下の写真のように出張イベントでも登場するぞ。出会えたら、ラッキーだ!

ま~ラッキーでない者は、学習館に等身大のパネルがあるから、それで我慢してくれ。

余や余の側近たちが活躍している日々の様子は、ブログやSNSでも発信しておるから、是非これらをフォローして、ハニワ帝国の国民として、余の世界征服に協力してくれ。というか、ここまで読んでくれたってことは、すでに君も立派なハニワ帝国の国民だけどな!!
ということで、そんなハニワ帝国&本拠地のしおんじやま古墳をよろしく!是非本拠地にも遊びに来てくれよ~

最新情報は、ハニワこうていの世界征服ブログFacebookTwitterまで!

詳しいプロフィールは…こちら(PDFファイル)


ハニワこうていのキャラ使用・出演依頼について


ハニワこうていキャラ使用について

ハニワこうていのイラストや写真、その他の学習館のキャラクターなどを印刷物やグッズで使用される場合は、以下の申請書に記入して、学習館まで申請して下さい!
勝手に使ったら、こうていに怒られますよ~!
まずは、しおんじやま古墳学習館までお問い合わせ下さい。

キャラクター使用申請書(WORD)
キャラクター使用申請書(PDF版)

ハニワこうていキャラ使用について

出演依頼についても、まずは学習館までお気軽にお問い合わせください。館の事業などをスケジュールを確認させていただきます。なお出演については、基本出張費代+交通費をご負担して頂いております(まだまだ小さなハニワ帝国のためご理解ください…)。またハニワこうていは、唯一無二の存在のため、貸し出し等はしておりませんので、こちらもご了承ください。


「ハニワこうてい®」は、
学習館指定管理者のNPO法人楽古が商標登録し管理しています。
申請先は八尾市ではありませんので、ご注意ください。