八尾環境フェスティバル報告その②~古墳のぼりなど、いろんな歴史体験!~

11月10日に開催した「いきいき八尾環境フェスティバル2019」。ナイトミュージアムの他にも、いろんな歴史体験も実施したぞ。

まず、去年開催して好評だった「古墳のぼってそうじ選手権」
復元された古墳である「しおんじやま古墳」は、前方部に葺石や埴輪が古墳時代と同じように置かれている。葺石は斜面に置かれているので、普段は入ることができない(入っていたら、側近から愛のある注意が…)
でも、葺石の間の土からは草が生えるので、側近やボランティアの者たちで草抜きをすることも必要…

「葺石に入りたい子ども」+「草抜きが必要な葺石」

その両者が合体!
どちらもウインウインの企画なのだ。もちろん安全には配慮して…

ルールは簡単。下から上へ登る一方通行で、途中で草を5本は抜いて、前方部頂上まで行くというもの。

スピード重視の子もいれば、小さい子は親と一緒にゆっくりゆっくり登って…「選手権」とは言っているが、ゆる~い企画で、これがみんなよろこんでくれるのだ。

今回も午前と午後の1回ずつ開催して、古墳をきれいにしながら、楽しんでもらったぞ。

他に、広いしおんじやま古墳を利用したスタンプラリーを実施したり。

館内では、埴輪パズルをたくさん置いて、タイムを計りながら組み立て。

また、夏の体験まつりでも人気の「ガーネット&サファイア探し」も今回特別に実施。

このガーネットは、二上山周辺で採れたもので、古代に玉づくりで石を削る研磨剤に使われと考えられているのだ。

そんなガーネットを砂の中から探し出して、レジンに入れてキーホルダーにしてもらった。

そして、学習館の外では、弓矢体験も実施。

イノシシやシカの的に間に何と!余の的まで~
これだけあったら、当ててはいけないと思っても、当たってしまうではないか~

案の定、結構当たってたけど…

この弓矢は、ガラスを割って古代の石器のように作った矢じりと弓をつかったもの。みんなあまり体験をしたことがないようで(当たり前か…)、最初はうまくいかなかったが、徐々に当たるようになっていたぞ。

そして、そんな体験を2個以上したら、ガチャチャレンジ!

勾玉作りキットやハニワこうていポストカード、ミニ発掘キットなど、いろんなグッズをプレゼントしたぞ。

そんな感じで、1日いろんな体験をして、しおんじやま古墳を楽しんでもらった。それぞれのブースには、側近はもちろん、当日ボランティアとして近畿大学の学生団体「はちのじ」のみんなが手伝ってくれた。

最後は、みんなで記念撮影。

古墳に来たのが初めてって学生もいたようで、イベント終了後に古墳の上からキレイな夕陽を。

ちょうど久宝寺駅前のツインタワーの間に日が沈むというタイミングであったようだ!すばらしい~


余のモデルの蓋形埴輪がさらにキレイだ!

とにかく、この「いきいき八尾環境フェスティバル」は、11月9日にアリオ八尾でメイン企画があり、10日は、しおんじやま古墳と大阪経済法科大学で実施、17日はリサイクルセンターで開催するという内容。

しおんじやま古墳会場は、その中の一つエリア企画なのだ。また、いわゆる「環境」を直接考える内容ではないが、この企画では「歴史や文化」も広い意味での「環境」と考えている。

参加者はもちろん学生ボランティア、スタッフなど、この企画でしおんじやま古墳に触れて、「八尾」という街のことを少しでも知って、楽しんでくれたならうれしいぞ。
協力してくれた者たち、ありがとう~お疲れであった!!

八尾環境フェスティバル報告その①~昼間にナイトミュージアム!?開催したぞ!~

11月10日に、いきいき八尾環境フェスティバルを開催した。その中でも今年のメイン企画「昼間にナイトミュージアム!?」について、報告するぞ。

これまでも、いろんなミュージアムでナイトミュージアムの企画を実施していたと思うが、しおんじやま古墳は古墳の博物館。展示室には、しおんじやま古墳からの出土品を展示している。つまり、展示室の空間は、古墳=あの世へつながる空間とも考えられるのだ。

そこで、日本神話にあるイザナギ・イザナミの「黄泉の国」の話をモチーフに、展示室を真っ暗闇にして、あの世につながる空間に見立てて…イザナギのように、あの世につながる世界に進んで、そしてこの世に戻ってくる。そんなミッションを用意して、当日の参加者に、いつもと違う展示室を体験してもらった。

とは言っても、1日だけの環境フェスティバルのためなので、大きな造作はできない。でもワンフロアの展示室を真っ暗にしただけでは、何人も入ることができない。ということで、黒色のプラスチック段ボール&カーテンで展示室を簡易に仕切って、大きく2つに分割。さらに100均で購入したLEDライトにブルーのカラーフィルムをかぶせて遺物や埋葬施設を照らして、あの世の空間を演出。

なかなか、いつもと違う雰囲気になって側近たちも満足。さらに、イザナミに追われるイザナギが、桃やぶどうの蔓などいろんなアイテムを使ってこの世に戻ってくるので、それらのアイテムを展示室に展示物の間に隠して、探してもらいながら~という仕掛けも準備。

そして当日。参加者を案内する役割は、環境フェスティバルの運営を手伝ってもらっている近畿大学の学生団体「はちのじ」のみんな。また、しおんじやま古墳で開催中の子ども向けの連続講座「こふんはにはに部」の子どもメンバーも手伝ってくれた。

ちなみに、どのような感じで、進んでいくかを紹介すると…

まずは受付。そして、学習館の図書コーナーで、側近から日本神話の黄泉の国の話のミニ紙芝居と、展示室で行うミッションの説明。

遮光カーテンで外からの光が入ってこない展示室は全くの別世界。ブルーのハンディライトを持って展示物を見ながら、宙づりにした説明パネルを読みながら進んで…

中には「怖い~」って泣きそうになりながら、お父さんと一緒に進む子。また一人で頑張りながら進む子…

最後には、参加者よりも先に展示室に入って、あの世に行ったきり帰って来ない「ハニワこうてい」を探すというミッションも!

これまで偉そうに説明したが、みんなの助けを待っている余、そういう設定なのだ。

結局80名近い者が参加。怖がったり、面白がったり、みんな、とにかく楽しんでくれたようだ。

日頃と違う展示室。いつもなら、さらっと見てしまう展示物・展示パネルも、暗やみで見にくいけど、ライトを当てて熱心に見てくれていたぞ。
側近も初めての企画であったが手応えを感じたようだ。
参加者・スタッフからも「1日の企画ではもったいないですね~」という声も多かったので、時期は未定だがまた開催したい思うぞ。

参加できなかった者も、その機会があれば是非来てくれ~

いきいき八尾環境フェスティバル報告その②につづく。


古墳フェス・はにコットに行ってきたぞ~

11月17日に大阪府高槻市にある今城塚古墳で開催された「古墳フェス・はにコット」が無事終了。

スタッ墳(←スタッフの事)のみんな、本当にお疲れであった。

今年も余は午前と午後に登場。

和泉市のコダイくんとロマンちゃんと

古墳外濠での「古墳のある町PRのステージ」に出た後は、会場をまわりながら余のシールを配って、地道な世界征服活動。

古墳好きな小学生として有名な「古墳王子」や高槻市の子どもたちなど、今年もいろんな者たちとの出会いがあったぞ。

しおんじやまのミュージアムショップで出展してくれている作家たちのブースもあったのだが、余のシールが人気がありすぎて、ステージ周辺で配りまくりであった。

もはや第2の本拠地?って感じの高槻市だが、その中でハニワこうていシールを渡した子の親から…
「うちの子、去年はハニワこうていが怖くてシールもらえませんでしたが、今年は笑顔でもらえました〜」って。
おお~子どもの成長を余のシールで感じとは!!

さらに小学生の頃にしおんじやま古墳の近くでヘビーユーザーだった姉妹が、北摂に引越しをして最近うちには来れてないけど、はにコットなら会えるかも〜って、しおんじやま古墳で配布しているカードブックをわざわざ持ってきてくれた。

上のお姉ちゃんは、すっかり歴史好きになったそうで、中学校で歴史クラブに入ってるそうだ。素晴らしい~
さらに母親からは「ありがとうございます〜ホントにしおんじやまさんのお陰です〜」って。 側近はものすごくよろこんでいたぞ。こちらこそ、ホントにありがとう!!だ。

去年もすごかったが、今年も昨年に増して盛り上がった「はにコット」

来年も必ず登場するので、スタッ墳も大変だと思うが、よろしく頼むぞ~

明日11/10は八尾環境フェスティバル。ナイトミュージアムでハニワこうていさんが!!

お久しぶりです。はしづかです。
明日、11月10日に「いきいき八尾環境フェスティバル2019」がしおんじやま古墳学習館で開催されます。

詳しい内容は、下のリンク先のページをご覧いただければと思いますが…

いきいき八尾環境フェスティバル@しおんじやま古墳学習館
詳しくは…こちら

それよりも!メイン企画の「昼間にナイトミュージアム!?」が大変なことに!!

なんでも、学習館の展示室が真っ暗闇になって、あの世、黄泉の国につながっている空間とかで…それを聞いたハニワこうていさんが「それは面白い!黄泉の国も征服してやろう~」って言って、入ったきり帰って来ないんです~

あ~どうしよう~ 助けに行きたいけど、暗いところは怖いし…
このブログを見ている人で、暗いところも大丈夫な人!是非、明日しおんじやま古墳に来て、黄泉の国につながる展示室に入って、ハニワこうていさんを助けに行ってくれませんか?

側近さんに聞いたら、黄泉の国からこの世に戻るには、日本神話にも出てくる4つのアイテムが必要らしいです。

とにかく、待ってますので、よろしくお願いしますよ~

今週末は、兵庫県立考古博と紀伊風土記の丘で出張イベントだ!

今週末は出張イベントが連続で続く。
ます11月2日(土)は、兵庫県立考古博物館で開催される「古代体験フェスティバル」に参加。側近たちが「発掘体験BOXで楽しもう!」のワークショップで出展するぞ。

兵庫県立考古博物館「古代体験フェスティバル」
http://www.hyogo-koukohaku.jp/events/p6krdf0000007gr9.html


続いて、翌日の11月3日(日)は、和歌山県立紀伊風土記の丘の「風土記まつり」に参加。こちらも「発掘体験BOXで楽しもう」のワークショップだ。
2日続けての参加だから、同じ内容。


和歌山県立紀伊風土記の丘
https://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/

ちなみに、しおんじやま古墳もいつも通り開館。ということで、それぞれの館のボランティアも手伝ってくれるのだが、余の側近たちも学習館&イベントの出展で大忙し。
ということで、余がこの2つのイベントに登場すると、側近たちがさらに大変なので、どちらも余の登場はなし。申し訳ないが許してくれ。
余は側近たちにもやさしい…ブラック帝国ではないのだ。
それはともかく、11月に入っていろいろイベントが続くがよろしくな~

令和バージョン第2弾だ!

新元号を記念して、5月に下のような令和バージョンの余のシールを作ったが…

このシールもほぼなくなり、先日の即位の礼に合わせて第2弾を作成。いろいろあって、10月22日には間に合わなかったのだが、来月にかけてもイベントは続くので、ま~いいだろ?

今回は、11月に大嘗祭も行われるので、それをイメージしてみた。

しおんじやま古墳に来て「新しい令和シール下さい!」って受付で言ってくれたらあげるぞ。よろしく!!

こんな感じにしてみた~がんばれニッポン!

今週、10月22日(火)に天皇即位の礼があるので、こんな感じのしおんじやま古墳verの日の丸を用意してみた。

大学生の側近にホワイトボードに描かせてみたが、いい感じになったな。

どこかで見たラグビー選手も!?

世界征服?制覇!を目指して、ワールドカップも頑張ってくれ!ってことだ。

シリーズ遺跡を学ぶ「高安千塚古墳群」販売中だ!

全国のいろんな遺跡を、考古学の研究者やその地域の専門家が 詳しく解説している新泉社の「シリーズ 遺跡を学ぶ」
これまで100以上の遺跡が紹介されてきたが、この10月に八尾市の「高安千塚古墳群」がやっと!?登場~!!

八尾市の文化財課の職員が執筆、キレイな図や写真もあって、高安千塚を学ぶには最適の一冊だ。

高安千塚古墳群の中にある「箸塚古墳」からうまれた「はしづか君」のことも、もちろん詳しく紹介。しおんじやま古墳学習館で作成した散策マップも登場しているぞ。

そして「遺跡を学ぶ」シリーズにある、その他の大阪府の古墳時代の遺跡や「しおんじやま古墳の水の埴輪」に関わりのある遺跡の本、古墳時代ガイドブックも学習館で一緒に販売。

ネットで買うのもいいけど、学習館に来た時に買って、そして実際に古墳を見学してみてくれ!

東山本わかばこども園の子どもたちが来てくれたぞ~

10月17日に、八尾市立東山本わかばこども園の子どもたちが来てくれたぞ。本来は、ドングリを取るために古墳に来る予定だったのだが、去年の台風でクヌギの枝などが結構折れてドングリは少ないですって、側近が下見の時に説明。
それなら、古墳を回るスタンラリーとかありますけど??って話から、展示室の見学もすることに。

110名ほどの子どもたちなので、流石に展示室に一気に入るのは厳しいので、3つのグループに分かれて見学。

1つ目のグループは、学習館のホールで、はしづか君が主人公の絵本の読み聞かせをこども園の先生にしてもらった。

はしづか君の誕生から、兄弟を探していろんな古墳をめぐるお話。

こども園の先生は、やはりうまくて、みんなも真剣に聞いていたぞ。
(はしづか君も一緒に聞きながら~)

2つ目のグループは、展示室の見学。古墳紹介の映像を見たり、館長から少し説明を聞いたり…

最後のグループは、古墳でパンフレットを使った埴輪のスタンプラリー。

子どもたちだけで回るには少し広すぎて、難しすぎた?かもしれないが、広い古墳を一生懸命まわって、スタンプを集めてもらった。

最後は、古墳の広場でお弁当を食べて終了!
子どもの中には、しおんじやま古墳によく来てくれる子もいたが、この機会に古墳のことを知って、また遊びに来てほしいものだ!!