京都で開催の「みゅぜコット」報告。ついに世界征服!?

この前告知した通り、京都で開催されたICOM(国際博物館会議)の関連イベント「みゅぜコット」が9月4日、5日に、京都府立歴彩館で開催された。

9月4日は、歴彩館の隣の稲盛記念会館でICOMの様々な発表が行われていたので…

みゅぜコットの会場にも、海外から来た多くの博物館関係者が来場。
大にぎわいだろ?

今回は、しおんじやま古墳が参加している「小規模ミュージアムネットワーク」と、今城塚古墳で古墳フェスを開催している「はにコット」の作家グループ。そして、京都府内のミュージアムのネットワーク「京都府ミュージアムフォーラム」の3つの団体、そしてICOM京都大会組織委員会が協力して開催。

いろんなミュージアムや作家さんの紹介や、グッズの販売、ワークショップを実施したぞ。

こちらは京都府ミュージアムフォーラムのワークショップの部屋。この写真だと少し人が少なめだが、砥石や鳴き砂など京都ならではの体験もあって、結構にぎわっていた。

グッズ販売で「鳴き砂体験セット」ってものまで!

古墳フェス・はにコットのブースは、しおんじやま古墳のミュージアムショップでいつも世話になっている作家たちのブースはもちろん、いろんな古墳グッズがたくさん。


小規模ミュージアムネットワーク(小さいとこネット)は、ポスター展示&グッズの販売はもちろん、今回参加してない加盟館も紹介した「小さいとこマップ」やパンフレット集の展示もしたぞ。

小さいとこマップ最新版!
ネットでも見ることができるぞ~
https://museum.jp.net/chiisaitoko/maps/

パンフレット集も。現在2分冊。

また4日の夜には、古墳ビルダーたちのリレートークも開催。

側近の学習館館長や、はにコットのマキリエくん、古墳クッションの宇宙椅子くんも登場して、グッズの制作秘話など、いろいろ話をしていたぞ。

ただ思ったより、海外からの参加者も少なかったので、急遽場所をラウンジからポスター展示をしている小ホールに移動!

そこでいろんな人を巻き込みながらのリレートークに変更。

そんなこともありながらも、無事1日目が終了。
2日目は、日本博物館協会の博物館大会が歴彩館で開催され、それらの見学者もたくさんあって、とにかく2日間で500名を超える参加者があり、大いに盛り上がった「みゅぜコット」であった。

でも初日の午前中の準備中は、正直はバタバタで、どうしようかな?って感じだったが…

2日間無事開催できたのも、出展してくれた者たち、参加してくれた者たちのおかげだ。側近の館長に代わって礼を言うぞ。どうもありがとう!!

とにかく今回は、側近たちが忙しすぎたので、余の直接の登場はなかったが、これで、日本のミュージアムの魅力が多くの人に伝わって、またミュージアムやそれらを楽しんでいる人たち同士の交流が進めばうれしいぞ。

これで世界征服!ではないかもしれないが、確実に?着実に一歩?世界征服に近づいたぞ。多分な。

9月4、5日は、京都で「みゅぜコット」だ!

結構忙しくて、このブログの更新も少なくなってすまん。
実は、9月1日から京都で開催中のICOM(国際博物館会議)の関連イベントの「みゅぜコット」が9月4日、5日に京都府にある京都府立歴彩館で開催される。


いろんなミュージアムの紹介やグッズの販売、ワークショップ。また4日の夜には、古墳ビルダーたちのリレートークも。側近の学習館の館長も登場するぞ。

ということで、平日で申し訳ないが、予定の空いている者は是非遊びに来てくれ!

https://museecotte2019.jimdosite.com/

百舌鳥・古市古墳群、世界文化遺産応援企画!6/20、22「セスナ機古墳ツアー」を開催するぞ~&参加者募集中だ!

先日、世界文化遺産登録へ大きく前進した「百舌鳥・古市古墳群」。
近くじゃ大きすぎて見えない!どうする?どうする?って、各メディアが言っておったが、それを解決する手段がすでにあるぞ!

そう、しおんじやま古墳で開催しておる「セスナ機古墳ツアー」だ!
ま~古墳は下から見上げるのが当時の本来の見方なのだが、やはり前方後円墳の形を見たいよな。

ということで、今年2月に開催したセスナ機古墳ツアーを6月にも開催するぞ。便乗だ!!
日程は、6月20日と22日の2日間。各日9名の募集。詳しくは下や別途申込サイトを見て、この機会に古墳を堪能してくれ。

申込を待っておるぞ~

セスナ機ツアー申込みサイトへ(外部)

チラシデータ(PDF)
http://racco-taiken.com/sionji/news/2019/seskofun201906web.pdf

百舌鳥・古市古墳群、世界文化遺産登録・応援企画
【大阪府八尾市発】
セスナ機で見る大阪の巨大古墳体験ツアー


【開催日】 
 ①2019年6月20日(木)9時半~16時
 ②6月22日(土)9時半~16時 
【募集期間】2019年5月22日(水)~6月13日(木)まで
【内容】    
 大阪が世界に誇る歴史遺産「百舌鳥・古市古墳群」を「八尾空港」からセスナ機で上空から見学。巨大前方後円墳をその目で見ることができます! また、八尾市にある古墳時代の姿に復元された全長160mの前方後円墳「心合寺山(しおんじやま)古墳」も見学。さらに昼食は地元懐石料理店とのコラボ、特製「古墳懐石弁当」。いろんな八尾の素材を使って大阪の古墳を堪能する古墳ツアーです!

※雨天・荒天の場合で、セスナ機のフライトが中止の場合、セスナ機のフライトのみ翌日(6/20→6/21、6/22→6/23)に順延し、当日は、しおんじやま古墳の見学のみ午前中に実施します。

【申込み】下のリンク先から申込サイトへ

セスナ機ツアー申込みサイトへ(外部)

ツアー内容
【ツアースケジュール】 
9:30  近鉄八尾駅北側バスロータリー(みずほ銀行前)集合
10:00 八尾空港フライト 
※フライト時間は20分※乗る座席により、見える古墳に違いがありますので、ご了承下さい。待ち時間は、格納庫などバックヤード見学
12:00 移動
12:45 昼食(古墳懐石弁当)
13:30 八尾市立しおんじやま古墳学習館見学周辺の史跡や古墳を見学15:30 学習館出発
16:00 近鉄八尾駅 解散(予定)

【参加費】 1人22000円(税込) 
フライト・バス・昼食・入館料込。子ども料金の設定なし。
【対象】 どなたでも。3歳以上参加可。中学生以下は、保護者の参加必要【定員】 先着9名(最低催行人数3名)
【企画】 NPO法人歴史体験サポートセンター楽古(八尾市立しおんじやま古墳学習館 指定管理者)
【協力】 株式会社ドリーム観光、懐石料理 佑和、第一航空株式会社、BOROT pilotshop 
【問合せ・申込先】 八尾市立しおんじやま古墳学習館電話:072-941-3114開館時間:午前9時~午後5時まで休館日:火曜日、祝日の翌日、年末年始


【これまで実施してきたセスナ機古墳ツアーの様子】
【2017年度の様子】 
その1 https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12345954228.html
その2 https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12346079145.html
その3 https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12346757117.html
 
【2016年度の様子】https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12240516905.html
 
【2014年度の様子】https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-11963829487.html

【2013年度の様子】https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-11723963253.html

【2013年度モニターツアーの様子】https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-11731664226.html

GW最終日!化石のレプリカ作り開催するぞ~

4月27日から実施中のGW企画「ゴールデンウィークは、しおんじやま古墳で楽しもう!」も、明日5月6日で最終日。
そんな最後の大トリは、きしわだ自然資料館の特別ワークショップ「化石レプリカ作り」だ。

きしわだ自然資料館のスタッフからの化石の話と、おゆまるを使ったアンモナイトのレプリカを2個作るぞ。
きしわだ自然資料館でも大人気のワークショップ。明日の4回の講座のうち3回はほぼ満員だが、最終の15時~の回はまだ余裕があるので、まだ予定がないの者は、GW最終日にしおんじやま古墳で楽しんでくれ!よろしくな~
https://reserva.be/sionjinatu2015/reserve

明日は、学び場特別編「古墳フィールドミュージアム【八尾・髙安】を散歩する」開催!

明日は第1土曜日。ということで、毎月開催している講演会「しおんじやま学び場」の日だ。ただ今回はGW中ということで、特別編。
側近の古墳学習館の館長が、高安千塚古墳群や向山古墳など、しおんじやま古墳からスタートして、高安山麓にある様々な古墳を楽しく案内しながらハイキングを開催するぞ!

スタートは午後1時から、学習館の受付に集合だ。天気も良さそうなので、GWの一日、是非八尾の古墳を楽しんでくれ。よろしく~


2019年5月 シリーズ古墳と博物館②
「古墳フィールドミュージアム【八尾・髙安】を散歩する」


集 合:八尾市立しおんじやま古墳学習館、受付
解 散:近鉄服部川駅(スタッフと一緒に学習館に戻って来ても大丈夫です)
日 程:2019年5月4日(土)午後1時~午後4時ごろ(予定)受付:12時半~
ルート:しおんじやま古墳-向山古墳・向山瓦窯-玉祖神社-芝塚古墳跡-
高安千塚古墳群(抜塚など)-服部川駅(行程約4キロほど)
定 員:先着30名
参加費:無料
申 込:不要。事前申込不要で参加していただけます。

GW企画、弥生博の銅鐸せっけんを開催したぞ+ハニワこうていも登場!

絶賛開催中のGW企画「ゴールデンウィークは、しおんじやま古墳で楽しもう!」だが、5月2日は、特別企画「銅鐸せっけん」のワークショップを開催。
大阪府立弥生文化博物館の学芸員に来てもらって、特別に実施したのだ。

まずは、挨拶&弥生時代とは?銅鐸は?の話。

続いて、青銅器や鉄器の作り方、鍛造や鋳造について。

それらの話が終わったら、溶かしたせっけんの液を型に流し込んでいく。

作業としてはこれで完了!(←案外簡単!)

冷えて固まるまでは、再び学芸員の話。銅鐸のワークシートを使って、銅鐸に描かれた絵について、実際に鉛筆で描いてみて、お勉強~

そんなこんなでせっけんが固まったら、型から慎重に取り外して…

無事完成!


みんな大満足であった。

と、そんなことしていると…
余が登場!

一緒に写真を撮ったり、ハニワこうてい令和特製シールを配ったり。

講座の参加者はもちろん、古墳の見学に来てくれた者と交流して、大にぎわいであった。

この講座に参加してくれた者、余に会ってくれた者、そして、ワークショップを実施してくれた弥生博物館の者たち、ホントにありがとう~

GW企画!ハーバリウム作り&余も登場したぞ~

4月29日は告知した通り、しおんじやま古墳の桐をイメージしたハーバリウム作りを開催したぞ。

いい感じの作品だろ?
講師は、八尾市で花屋さんをしているモンディマンシェくん。今回特別に来てもらって開催した。どうもありがとう!

桐の花を直接入れるのは難しいので、薄紫の桐の花をイメージした、紫や青色のいろんな種類のドライフラワーを用意してもらったので、それらを自由に選んで、瓶に入れていく。

と言っても、どれを入れよう?瓶の底?上の方?いろいろ悩みながらの作業。そして、配置が決まったら、オイルを入れて蓋をして完成。

仕上げは、蓋に掛けるリボンに、グルーガンを使った蝋の封印風の飾りを作成。

すばらしい~

この日の体験メニューはハーバリウム作りのみで、1日で4回分の講座を実施。参加してくれたのは、男の子や女の子、姉妹や親子などいろいろ。みんな大満足!

さらに途中では、ハニワこうていも登場して、交流~写真撮影もしたりして、大いに盛り上がった一日であった。


今回のハーバリウム作り、また実施したいと思うので、今回参加できなかった者は、その時に参加してくれ!!

ミニこいのぼりを作ろう!は4月21日までだぞ!

4月の月替り体験メニューの「ミニこいのぼりを作ろう」先週末も、家族や子どもたち、大人も作ってくれたぞ。


桐の枝から作られたミニこいのぼりに、ペンで色をぬって目を付けたら、こいのぼりは完成。後は紙の風車に色をぬって、すべてのパーツを組み立てたら完成だ!

風車も回って、いい笑顔だ!(お父さんが結構頑張ってたけどな~)

この体験メニューは今週末まで。4月の月替わり体験だけど、4月27日~は、GW企画がはじまるからな。ということで、ミニこいのぼりを作りたい者は、この週末に遊びに来てくれ!!

しおんじやま学び場、3月&4月開催したぞ!

4月13日に、新年度初めてのしおんじやま学び場を開催したぞ。おっとその前に、先月3月2日には、昨年度の最後の学び場も開催した(←バタバタしてて、報告を忘れておった。すまん!)


3月は、シリーズ八尾の最終回ということで、「八尾の近代化遺産」がテーマ。JR大和路線志紀駅に残るレンガ造りの壁(開渠)や、近鉄河内山本駅に残る大正時代のレールを使ったホーム(5番線ホームにあるぞ)。また鉄道だけでなく、昭和初期に建てられた関西電力の八尾変電所、現在給食会社の建物など、街の中に眠っている明治以降の建物やその一部の痕跡について、講師である柏原市立歴史資料館の石田先生が紹介してくれた。

またレンガ積みに関する基礎講座もあって、講座に参加した者は、きっといろんな所でレンガを見ていることだろう。そんな楽しい内容であった。

そして4月は、新シリーズ「古墳と博物館」がスタート。今年は、大阪にある「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を控えている年ということに加えて、9月には京都で「国際博物館会議(ICOM)」というイベントもある。余や側近もこれらに関わっているので、それらを盛り上げるためにも、今年度はこのテーマとなった。

その第1回目は、やっぱり「百舌鳥古墳群」!ということで、堺市博物館の学芸員の橘君に来てもらった。彼女は学生時代に、元側近としてしおんじやま古墳で働いてくれていた。心合寺山古墳の事もよく知っているのだ。

ということで、内容は、百舌鳥古墳群の基礎知識や、仁徳陵の明治時代に見つかった石棺や石室についてや、昨年行われた宮内庁との調査成果など。またそれぞれの古墳についての説明や心合寺山古墳との比較なども。そして、最後は堺市博物館の紹介で終了となった。
参加者のアンケートを見ると「堺市博物館に行きたくなりました!」「仁徳陵の資料を見に行きたいです」とあり、この講座の意図通りの感想もあって、余もうれしかったぞ。

ということで、今年度はこんな感じで進めていくので、よろしくな~




4月の月替り体験メニューは「ミニこいのぼりを作ろう」だ!

4月の月替り体験メニューは、この時期恒例の「ミニこいのぼりをつくろう」だ。
しおんじやま古墳の桐の枝やセイタカアワダチソウなど自然素材を使って、かわいくてカラフルなミニこいのぼりを作るぞ!

ということで、体験したい者は遊びに来てくれ!!

-------------------
【月替わり歴史体験メニュー2019年4月】
ミニこいのぼりをつくろう
-------------------
内容:しおんじやま古墳の桐の枝やセイタカアワダチソウなど自然素材を使って、かわいくてカラフルなミニこいのぼりを作ります!

日付:2019年4月の土・日
※4/6、7、14、20、21に体験できます。
※4/13は講座のため、4/27~5/6はGW特別企画のため体験できません。

場所:八尾市立しおんじやま古墳学習館
受付時間:9:30~15:00ごろ (11:45~13:00を除く)
参加費:1個110円(税込)
作業時間:30分ほど
申込み:不要 当日学習館受付まで。
※ただし材料は40名分まで。なくなり次第終了します。
対象:どなたでも
備考:混雑時は、体験まで少しお待ちいただく場合があります。
問合せ・申込み先
八尾市立しおんじやま古墳学習館
住所:大阪府八尾市大竹5-143-2
電話:072-941-3114
休館日:毎週火曜日、祝日翌日など