ハニワこうていの世界征服ブログ

ハニワ帝国のこうていが、世界征服に向けて、本拠地である八尾市立しおんじやま古墳学習館で、日々どのようにして、地道に?国民を増やす活動をしているかのブログ

世界征服に向けての日々の様子…

日常の古墳…歴史体験コーナーもボチボチ盛況で考古楽カードのプレゼントも!

博物館にたくさん人が来て、楽しんでくれるのはとてもありがたいことなのだが、コロナ後は「たくさん」というのが微妙…ややこしい限りだ。

そんな中、しおんじやま古墳の歴史体験コーナーは、1時間単位で区切って受付をする「事前予約制」にしている。予約はネットか電話で。もちろん空きがあれば当日申込でも大丈夫だが、体験できるのは同時に基本1組5名以内としている。始まりと終わりの時間がかぶって2組になる時もあるが、テーブルを離してという対応に。
 

 
そんな感じで6月から始めているが、やはり例年よりは体験が少ない。でも、徐々に増えてきて、今日は午後からすべての時間が満員に。
 



リピーターの子もいれば、新規の子も。
その中で、弥生博物館の「考古楽カード」を集めている子がいて、「しおんじやまにもあるって聞いたのですが、もらえますか?」って。

弥生博では渡すのにルールがあるみたいだが、しおんじやま古墳では、そんなのはなし!大盤振る舞い!?ということで兄妹に渡せるだけ渡したら、めちゃくちゃよろこんでいたぞ。ということで記念撮影も。
 



今日来てくれたファミリーの中には、当日申込で満員だったので断った所も。その代わりに体験キットを買って、おうちでしてね~ということで何とか我慢してもらった。
側近的にもなかなか歯がゆい状況が続くが…しばらくは「新しい博物館の楽しみ方」を模索していくしかないな。

2020年6月28日

初のオンライン企画「古墳カフェトーク4」を開催!全国から参加してくれたぞ~


6月21日に、しおんじやま古墳で初のオンライン企画・古墳カフェトークvol.4 「ミュージアムが楽しくなる企画&グッズを作ろう」を開催したぞ!
 

 
本当は、学習館でリアル企画として実施予定であったが、コロナウイルスの影響で中止…いやいや、それはもったいない!ということで、オンライン企画にすることに変更。
  
初のオンラインで当初はPRに苦労したが、いろんなところで宣伝をして、最終的に40名の参加者が来てくれた!中には北海道や九州から来てくれた者もいて、ホントにありがとう!
 

 
リアルイベントでは決して参加できない者が来てくれたのは、オンラインの可能性を感じたな。
 
そして肝心の内容は…
まずは、大阪自然史センターの西澤真樹子くんから、ミュージアムグッズと企画の作り方の話。
  

 
と言っても、ノウハウ的な話ではなく、どのようにしてミュージアムと関わるようになったか、そして、実際にどんな企画をしてきて、グッズを作ってきたかという実践の話。
 
大阪市立自然史博物館の学芸員と協力しながらのグッズ開発、また友の会での資金の集めの工夫など…ハニワ帝国もびっくりのすごすぎる話であった!
  

 
ちなみに今回は、大阪市立自然史博物館のミュージアムサービスコーナーの裏側から中継。ということで、プチバックヤード案内もあったり、館内の声も少し聞こたりしてライブ感満載。あっという間の45分であった。
 


  
その次は、側近の学習館の館長から、しおんじやま古墳&グッズの紹介。最近YouTubeにアップしたドローンの映像で古墳の紹介したり、実際のミュージアムショップで案内したり、15分であっという間であったが、日頃の活動について知ってもらった。(もちろん、余の事もな!)
 

 
その後は、今回のもう一つの目玉。しおんじやま古墳近くに今年プレオープンした「きんたい廃校博物館(愛称:きんぱく)」のオンライン見学会。
 

 
名前にある通り、少し前に廃校になった小学校の理科室を活用した完全私設のミュージアム。名前にある「きんたい」は、大阪府八尾市などの一部のみに生息しているコイ科の小型淡水魚「ニッポンバラタナゴ」の別名だ。
現在絶滅の危機に瀕していて、NPO法人ニッポンバラタナゴ高安研究会が、長年保護&研究活動をしている。そのメンバーが中心となって運営しているのがこの「きんぱく」なのだ。
 
八尾市には、しおんじやま古墳や歴史民俗資料館など、歴史系のミュージアムは公立であるが、自然系のミュージアムはない。というか河内エリアにはないのだ。なので、このような活動は、ミュージアムの魅力を多くの者に知ってもらうにはとても貴重。
 

 
そんな「きんぱく」のオンライン見学会だが、場所が理科室なので、外から来るには少し分かりにくい…ということで、見学会では、外にある玉祖神社の大きな鳥居から。案内は、きんぱく館長の大橋くん。まるで旅番組のように、場所の説明やきんぱくの説明からスタートしたぞ。
 

 
その後は、他の学芸員スタッフが交替しながら案内。
 

 
元理科室だけに、学校の備品も活用しながら遊び心を入れた展示もあって、それらを紹介してくれた。
 

 
この「きんぱく」はまだプレオープン中で第3日曜日だけがオープンの日。さらにこのコロナウイルスで3月から休館中。7月から再開するらしいので、是非多くの者に見に行ってほしいものだ!
 

 
そんなトーク、見学会が終了して少し休憩。
 
今回はzoomというWeb会議ツールを使って開催したが、参加者は見学をしながらチャットというコメント欄にいろいろ感想などを書き込むことができる。
 

 
それらを司会の学習館の館長が、中継でコメントを受けた質問を代表して聞きながら進行。トークや案内が一方通行にならずに、見る方も楽しめたかな?と思うぞ。
 


 
そして、休憩後はミュージアム&グッズ、プチ紹介コーナー。
今回の企画に参加してくれた、グッズクリエイターの宮野ミケくん、堺市博物館の橘くん、岐阜県飛騨市のみやがわ考古民俗館の三好くん、3Ⅾプリンターでグッズを作ってお店もしている飛鳥おもいで堂の西川くん、羽曳野市で古墳グッズのショップ&はにわ工房をしている大蔵屋の朝野くんに、それぞれ5分程度活動の紹介をしてもらった。
 

 
余りに時間が短くて申し訳なかったが、参加者には地域、立場を越えたいろんな活動を知ってもらえたと思うぞ。
 

 
そして、最後はフリーの質問&トークコーナー。これまで内容でチャットに書き込んでくれた質問をまとめて答える形で。
チャットのコメントだが、実は余の側近に「もし盛り上がらなかったら寂しいので、感想だけでもいいからどんどん書き込むように!」という指令を出していたが、それも良かったのか、みんないろいろ書いてくれた。
 
ただコメントが一杯になると、リアルタイムでは司会の館長も拾いきれない…ということで、バックアップの側近がコメント整理、質問コーナーの時間に合わせて、メールなどで各中継先に送信。
 
みんなが協力して、想像以上にうまく進行?
ただ3時間半は流石に長すぎた…かも?だが、そんな反省もありつつも、スタッフ自身が一番楽しめて無事終了。
 

 
唯一?の大失敗と言えば、記録用の動画を学習館のノートパソコンに保存するのがデータ量が多すぎたので、ダウンロードがイベント終了後2時間ほどかかったことくらい?おかけで館長が自宅で参加するオンライン懇親会に遅れたことくらい…だ。
  
そんな夜の懇親会も、北海道からの参加者が引き続き参加してくれて、初めまして~って感じで交流ができて大満足。
  
ちなみに、このブログの所々にあるイベントのイラスト記録は、その北海道からの参加者である北海道大学 環境科学院 修士課程2年の宇都幸那くんが「あまりに面白いイベントだったので、グラフィックレコーディングでレポート作ったので送ります!」って描いて送ってくれたもの。
 

これは、最後の質問コーナー&館長のまとめの記録。側近たちもその完成度に感動しておったぞ!(ということで、ここで使わせてもらった。ありがとう~)
 

 
ちなみに、きんぱくの中継では動画が多くなるので、こんな機材で撮影。「ジンバル」って手振れをなくす機械だ。これと先ほどの写真には写っていないがカメラマン係の絶妙のカメラワークもあってスムーズに。ご苦労であった!
 
ホントにいろんな者の協力で無事終了した今回のオンライン企画。来年の古墳カフェはもちろん、今年度のしおんじやま古墳の企画も、このコロナウイルスでいろいろ制約があるので、オンラインの利点を活かせるようなものを作っていきたいと思うから是非楽しみしてくれ!
 

 
今回、余とはしづか君は、ここからず~と見学であった!

2020年6月24日

再開したぞ~!

先週5月21日から再開した、しおんじやま古墳と学習館。早速たくさんの人が来てくれた…(それはそれで、この状況では問題なのが難しいところ…)

古墳北側の看板。再開あわせて貼り替え。

とにかく、古墳は大きいから3密にはならないが

学習館にはたくさんの人が。駐車場もほぼ満員。ありがたいことだ。

周辺のベンチやテーブルもお昼時はやや3密?って感じ。そもそも密室じゃないので大丈夫?ま~ややこしい状況での開館だ。

また展示室は一度に入れるのは10名まで、学習館は12名までの人数制限で開館。
土曜日には団体での見学もあったので、10名にしてもらって簡単に館長が案内。コロナ対策で団体自体を受け入れてない博物館も多いようだが、学習館は小さい施設なので、ディスタンスを守って、できる限り対応できたらと思っているぞ。

ちなみに、6月ごろをめどに、個人も含めて展示室の見学や体験コーナーの利用は、事前予約優先制を導入しようと思っている。仕組みが整ったら、ホームページで案内するので、その時はよろしく。

また側近たちは、閉館後に展示室や受付、ショップ、トイレなど、いろいろ除菌作業。これまでは人が触ったガラスやトイレなどだけだったから、かなり作業が増えたようだ。

見学する者も側近たちも、新しい博物館の利用の形がどのようになってくか試行錯誤中って感じだな。


基本的には「ふらっと来て楽しめる博物館」が理想なのだが、これも仕方ない。できる限り理想を追い求めながらも、新しい時代に対応していく。
とにかくコロナ退散!頼むぞ、人間たち!!

(コロナ退散特性シールだ。学習館受付で配布中!欲しい者は、是非しおんじやま古墳まで!)


2020年5月25日

再開に向けて…

臨時休館中の学習館だが、再開に向けて動き出したぞ。

側近は、消毒液の表示や受付のシートなどの設置作業。

消毒液も…

そうそう、コロナ退散!の思いを込めて、こんなイラストも作成。

アマビエとヨゲンノトリ(ハニワバージョン)と余…
Team COVID19 JAPAN!?どれだけ効果があるか分からんが、いい感じで完成したので、配布用シールを注文して(写真はサンプル)みんなに配ろうかな。

とにかく、再開までもう少し。しばし待ってくれ!

2020年5月16日

桐が満開だが、もう一度考えてくれよ!

学習館のホームページの「しおんじやま【桐】開花情報」でも知らせているが、そろそろ古墳にある桐の花が満開だ。
詳しくは…
https://racco-taiken.com/sionji/archives/news/sionjikiri2020

だが、古墳に来る前にもう一度考えてくれ。

という思いを込めて、八尾市からのポスターの横に余からのメッセージを貼ってみた。

毎日の散歩に・適度な運動のためにと思って、臨時休館中だが古墳エリアは見学できるようにしているが…
古墳を見ると、友だち同士やグループで来て、ご飯を食べたりおしゃべりしたりしてい様子がチラホラ。
ホントなら微笑ましい光景なのだが…

自分だけなら、私たちだけなら大丈夫?
そうじゃないぞ。
まずは自分から、私たちから。

桐の花は、今年だけじゃなく来年も咲くはずだ。
なので、来る前にもう一度考えてみてれ。
よろしく頼む!!

2020年4月18日

しおんじやま古墳の満開の桜を動画で紹介するぞ!

先週末に満開になった、しおんじやま古墳の桜。学習館の桜情報のページでは写真で紹介しているが、動画でも!と思って撮影してみた。

側近のスマホで撮影したので手作り感満載だが、余がしおんじやま古墳と満開の桜を紹介しているので、気楽に見てくれ。よろしくな~

2020年4月6日

スタッフ研修。八尾古墳手ぬぐいでマスクづくり!

ハニワこうていだ!

臨時休館中のしおんじやま古墳だが、その間にスタッフ研修もしておる。これは先日行った研修。

新型コロナウイルスの影響でマスクがどこにもない!ので、みんなマスクを手作りしているらしい…と聞いたので、それじゃ余の柄の入っている「八尾古墳手ぬぐい」で作ってみたら?+先日新色の緑も納品されたし。

ということで、側近が試作してみたら良い感じだったので、スタッフみんな集まった日に研修。ネットでもいろんな作り方が出ているが、手ぬぐいを4分割して、折って折って、ゴムを通して。ゴムのところの布が分厚くなるので、ここだけ布を切り取って薄くして…など微妙にアレンジ。

縫うのは大変なので、裁縫用のボンドを利用。アイロンをすればさらに強力になるそうだ。

完成!余も柄もしっかり見えて良い感じだろ?

簡単な体験だけど、完成するとみんな笑顔!

その後、古墳そうじに行ったが、ご機嫌に使っておった(外だからマスクの必要はないもしれないが…)

とにかく、思ったより簡単にさらに良い感じで完成。布製のマスクがどこまで効果があるのかは分からないが、まだまだ市中にはマスクが出回っていないからな。少しでも感染が防止できれば…

そして、臨時休館が終了して再開した時に、これをワークショップでしてもらおう!と思ったが、この状況なので体験コーナーがどうなるか…側近たちの中でも議論しているが、おそらく館は開館しても、体験コーナーは難しいかもしれないのだ。

じゃ、どうする??ということで、ワークショップではなく、この「八尾古墳手ぬぐい」と作り方の紙をセットにして、ミュージアムショップで販売しようと思う。
新色が納品されて、新価格は1枚550円に値下げするので、再開した時には是非買って、余の柄の入ったマスクを作ってくれ。1枚で4つ作れるぞ。

もちろん、普通に手ぬぐいとして使ってくれても大丈夫だ!

2020年3月30日

臨時休館中に…側近たちが古墳を発掘!?埴輪をキレイに~!

臨時休館中に側近全員集まって古墳を発掘した!
 
ではなく、埋まりそうな?古墳を救出!したのだ…
と書いてもややこしいな。

いつもは、第2・4金曜日に側近やボランティアたちが集まって古墳そうじをしているのだが、日頃は草抜きとか植栽とかの掃除をすることが多い。だが、臨時休館中の今回、これまでなかなかできてなかったところを掃除。

それは、埴輪のまわりの土だ。

墳丘から徐々に土が流れてきて、埴輪のまわりにたまるのだ。一気に埋まるわけじゃないから日々取っていないので、気が付いたらそこそこの量になるのだ。そして、草も生え始めて…

ということで作業開始。発掘にも使う「手ガリ」という草刈り用の道具で土を集めて…

まさしく古墳を発掘している気分?

側近の子どもも大きいガリで手伝ってくれた。ありがとう~

前方部の頂上は、後円部に向かって傾斜がついているので、写真辺りが一番土がたまりやすい。おそらく本当の古墳でもこの辺りから埋まっていったのだろうな。(埴輪の余にも、その辺りの記憶はあまりないのだ…)

そんなこんなで、無事キレイに発掘された古墳と埴輪たち。
日頃、古墳を見ても気づかないと思うが、こんな感じで掃除しておるのだ。

2020年3月21日

卒業おめでとう!

全国の学校が臨時休校していると思うが、八尾市内の小学校は今日が卒業式。式は先生たちの努力もあり、無事開催しているそうだ。

そんな6年生たちの中には、昨年の春に学校見学でしおんじやま古墳に来てくれた子も多い。

そこで、ここ数年恒例になっている余からの「卒業おめでとうハガキ」を見学に来てくれた学校に送っておいた。おそらく今日ぐらいに配られていると思うぞ。

また今年は新型コロナウィルスのこともあったので、少し長めのメッセージに。直筆サインも入れてみた。

あと裏面にはちょっとした特典も。それはもらった子だけのお楽しみだ。今は休館中だけど、再開したら遊びに来てくれよな!


とにかく、今年卒業を迎える子どもたち、卒業おめでとう!
今はなにかと大変だと思うが、これを見ている古墳を愛する君たちなら大丈夫だ。新しいステージでも頑張ってくれ!!

2020年3月17日

臨時休館が3月31日まで延長に…でも古墳の見学はOKだ!

やあ!ハニワこうていだ。

今日知らせるのはタイトル通り。
3月3日から新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休館している、しおんじやま古墳学習館だが、先日八尾市の方針が出て、3月末まで延長されることになった。

しおんじやま古墳学習館 臨時休館延長のお知らせ

ということで、館内や館周辺に掲示した看板も日程を変更して貼り替え。

ま~決まったことだから仕方ないが、公共施設でも種類や規模が違うし、博物館でも規模も違う。なので、一律…というのに正直どうかな~という思いもある。
他市では、自然メインの施設なのに休館している所まであるそうだ…

なので、しおんじやま古墳では、古墳エリアは元々の休館日以外は、通常通り開館。見学できるようにしている。

だから、ストレスのたまっている子やその親たち、もちろんそれ以外の者も、是非この機会に古墳に来て、見晴らしのいい風景を見て、しおんじやま古墳を感じてくれ。(花粉は多いかもしれないがな)

とは言え、施設は休みで駐車場などは開けてないので(すまん!)、公共交通機関か徒歩、自転車などで来てくれ。よろしくな!


2020年3月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です