【古墳の桐の花、開花状況】2021年4月19日現在。満開!ですが、正直今年はあまり…です。

例年この時期に皆様に楽しんでもらっている
心合寺山古墳の後円部にある「桐の花」の開花状況をお知らせします。


【2021年4月19日現在…ほぼ満開(/o\)】


北側の桐


下の方の花はこんな感じで満開になっています。

一方、南側の桐は…


まず開花についてですが、例年は4月後半~5月初めに見頃になるので、いつもよりも1週間近く早く、4月10日前後に満開になりました。それより…毎年桐の花をご覧になっている方が、この写真を見ると「え?これで満開!?」「ちゃうやん」だと思います。



その通りです。


実は今年…花自体があまりないのです!(/o\) それは、下の写真のような去年ついた実の殻が、木に残っているからです。殻が残ると、新しい枝が出ずに、翌年咲くための蕾も作らないようです。

 


なので、正直に言うと

今年、桐の花はあまり楽しめません。残念…

木全体としては、例年通りの満開とは言えませんが、部分的には、満開になっています。
ちなみに、咲いてからは1週間から10日間+αが見頃なので、今週末(4/24、25まで)にかけて、数は少ないですが桐の花を楽しむことができます。

とは言え、たくさんの花を見たいのが本音だと思います。

どうも数年に1回、実の「なり年」があるようです。
つまり、去年いっぱい花が咲いて、種がたくさん入った実をすごく作ったから、今年はもう一つなのです…

なので、きっと数年後…周辺にその種から成長した桐が花を咲かせるはずです。

そう思うと、目の前の満足いかないことでも、
そこには何か意味があるはず!そうに違いない!!
と思って、来年の桐をお待ちください…


ーーーーーーーーー

ということで、去年撮影した満開の桐の映像をご覧ください。

昨年2020年の様子はこちら…その①


昨年2020年の様子はこちら…その②

 


【古墳の桐の花、開花状況】2021年4月19日現在。満開!ですが、正直今年はあまり…です。」への1件のフィードバック

  1. 昨年の見事な花は、コロナで心が落ち着かず、見に行く余裕がありませんでした。
    今も感染が増えていますが、今年の花を記憶に留め、来年に期待する意味も含め見にいきます。前を向けるように。メールの返事ありがとうございました。(人”▽`)☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です