桜が終わって+雨上がりの古墳は…

今朝は夜に雨が降ったようで…こうなると、この時期の古墳は、いたるところで桜のガクが

さらにクヌギのおしべ(→側近の中では、通称「モワモワ」)もたくさん落ちて…
朝から古墳そうじが大変なのだ。


とにかく掃き掃除をして、キレイな古墳に。

ただ明日も雨が降るようで、さらに桜にはまだまだガクも付いていて…

側近たち、とにかく頑張ってくれ!

ちなみに、桐の花は量は少ないが、ほぼ満開。葉っぱも出てきて、こうなると見頃も後半に。4月中は大丈夫だと思うので、是非見に来てくれ!

八尾市立山本小学校&久宝寺小学校の6年生の見学であった!

今日は、小学校の見学が2校あった。
午前中は、八尾市立山本小学校の6年生のみんな。

まずは余が登場してワークシートの説明のあと

学習館の見学や…

古墳の見学をしてクイズを解いてもらったぞ。

で、最後は造り出しで解答して、見学が無事終了。

そんなことしている間に、入れ替わりで来てくれたのが久宝寺小学校の6年生のみんな。

駐車場に集まって、再びワークシートの説明。

学習館の展示室で側近から解説を聞きながら、クイズを解いていく。

古墳もこんな風にまわって、楽しくクイズを解いてもらった。

こちらも最後は、古墳の造り出しでワークシートの解答をして終了。みんなしっかり頑張ってくれて、無事!?ハニワ帝国の国民になってくれたぞ。

そんな学校見学でにぎわった、しおんじやま古墳であった!
見学に来てくれた子どもたちありがとう!
しっかり、しおんじやま古墳のPR頼むぞ~

ミニこいのぼりを作ろう!は4月21日までだぞ!

4月の月替り体験メニューの「ミニこいのぼりを作ろう」先週末も、家族や子どもたち、大人も作ってくれたぞ。


桐の枝から作られたミニこいのぼりに、ペンで色をぬって目を付けたら、こいのぼりは完成。後は紙の風車に色をぬって、すべてのパーツを組み立てたら完成だ!

風車も回って、いい笑顔だ!(お父さんが結構頑張ってたけどな~)

この体験メニューは今週末まで。4月の月替わり体験だけど、4月27日~は、GW企画がはじまるからな。ということで、ミニこいのぼりを作りたい者は、この週末に遊びに来てくれ!!

東京都埋蔵文化財センターに行ってきたぞ!

東急ハンズグッズ新宿店の古墳グッズイベントに行ったついでに、東京都多摩市にある東京都埋蔵文化財センターにも行ってきたぞ。

多摩センター駅から歩いてすぐのところにあるのだ。


隣には、「多摩ニュータウンNo.57遺跡」という縄文時代のムラの遺跡が見つかっていて、そこに盛土をして竪穴住居を復元した「遺跡庭園 縄文の村」があるぞ。


埋蔵文化財センターに入るとすぐに展示室がある。
案内は、職員のKくんにしてもらった。

展示室は、常設の展示物と、年度替わりで入れ替える企画展示がある。

縄文土器は流石!たくさん展示されていた。
さらに驚くべきは、展示台に置かれている縄文土器が、おさわりOKなのだ!

学校からの見学も多いようで、子どもたちに貴重な経験をしてもらう(もちろん一般の見学者もOK)ということで触ることができるのだ。すばらしい~

さらに今年度の企画展示は「ひと×いきもの」で、遺跡から見つかったいろんな生き物に関わる遺物を展示していた。

こちらは犬の墓。江戸時代の会津藩の大名屋敷があった汐留遺跡から見つかったもの。この犬は紀州犬に似ているそうだ。他にも13頭の犬の墓が見つかっていて、中には洋犬も。大名屋敷を走り回っていたんだろうな。そんな風景が想像できておもしろい!

こちらは、甕の中から見つかった亀。(←ギャグじゃなくてホントに)、これも汐留遺跡から。江戸時代の仙台藩屋敷の池の底から見つかったもので、池の規模が小さいので、おそらく大名ではなく、下級の武士の家ものだと思われている。下級武士も亀をかって、かわいがっていた様子が分かったのだ。

そんな感じで、いろんな時代の人々の様子を知ることができる展示室であった。

その外には、体験コーナー。古代人の衣装を着ることができたり…

石皿とすり石で、どんぐりを粉にする体験もすることができるぞ!

土器コーナーは、こちらでも本物をさわることができる!

そして、こちらは何と土器のUFOキャッチャー!!

と思ったら、こちらはそんな風な土器片の展示だけ。流石にそこまではしてないぞ!(←でもこんな展示も面白い!)

東京都埋蔵文化財センター、いろいろ楽しめる展示や体験コーナーがあるので、近くの者は是非行ってみてくれ!

東京都埋蔵文化財センター
https://www.tef.or.jp/maibun/index.jsp

しおんじやま学び場、3月&4月開催したぞ!

4月13日に、新年度初めてのしおんじやま学び場を開催したぞ。おっとその前に、先月3月2日には、昨年度の最後の学び場も開催した(←バタバタしてて、報告を忘れておった。すまん!)


3月は、シリーズ八尾の最終回ということで、「八尾の近代化遺産」がテーマ。JR大和路線志紀駅に残るレンガ造りの壁(開渠)や、近鉄河内山本駅に残る大正時代のレールを使ったホーム(5番線ホームにあるぞ)。また鉄道だけでなく、昭和初期に建てられた関西電力の八尾変電所、現在給食会社の建物など、街の中に眠っている明治以降の建物やその一部の痕跡について、講師である柏原市立歴史資料館の石田先生が紹介してくれた。

またレンガ積みに関する基礎講座もあって、講座に参加した者は、きっといろんな所でレンガを見ていることだろう。そんな楽しい内容であった。

そして4月は、新シリーズ「古墳と博物館」がスタート。今年は、大阪にある「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を控えている年ということに加えて、9月には京都で「国際博物館会議(ICOM)」というイベントもある。余や側近もこれらに関わっているので、それらを盛り上げるためにも、今年度はこのテーマとなった。

その第1回目は、やっぱり「百舌鳥古墳群」!ということで、堺市博物館の学芸員の橘君に来てもらった。彼女は学生時代に、元側近としてしおんじやま古墳で働いてくれていた。心合寺山古墳の事もよく知っているのだ。

ということで、内容は、百舌鳥古墳群の基礎知識や、仁徳陵の明治時代に見つかった石棺や石室についてや、昨年行われた宮内庁との調査成果など。またそれぞれの古墳についての説明や心合寺山古墳との比較なども。そして、最後は堺市博物館の紹介で終了となった。
参加者のアンケートを見ると「堺市博物館に行きたくなりました!」「仁徳陵の資料を見に行きたいです」とあり、この講座の意図通りの感想もあって、余もうれしかったぞ。

ということで、今年度はこんな感じで進めていくので、よろしくな~




今シーズン初の学校見学で余も登場。八尾市立東山本小学校6年生の見学であった!

4月12日に、今シーズン初の学校見学があった。来てくれたのは、八尾市立東山本小学校6年生のみんな。

早速、余が登場すると、「あ~アリオで見たことある~」とか、うれしい声も。当然「何あれ~黄帯やん!」って子も。
そんな声は無視して!?古墳の見学方法と古墳クイズの入ったワークシートの使い方の説明。

その後は、クラスごとに展示室と古墳に分かれての見学スタート。

展示室内では、学芸員の側近から案内を聞いて。
古墳の方は、班ごとに移動して、看板を見ながらクイズに答えていく。

最後は、造り出しで側近から解答して終了。

成績は…?
みんなしっかり頑張ってくれたぞ!そんな東山本小学校の見学であった。

4月の月替り体験メニューは「ミニこいのぼりを作ろう」だ!

4月の月替り体験メニューは、この時期恒例の「ミニこいのぼりをつくろう」だ。
しおんじやま古墳の桐の枝やセイタカアワダチソウなど自然素材を使って、かわいくてカラフルなミニこいのぼりを作るぞ!

ということで、体験したい者は遊びに来てくれ!!

-------------------
【月替わり歴史体験メニュー2019年4月】
ミニこいのぼりをつくろう
-------------------
内容:しおんじやま古墳の桐の枝やセイタカアワダチソウなど自然素材を使って、かわいくてカラフルなミニこいのぼりを作ります!

日付:2019年4月の土・日
※4/6、7、14、20、21に体験できます。
※4/13は講座のため、4/27~5/6はGW特別企画のため体験できません。

場所:八尾市立しおんじやま古墳学習館
受付時間:9:30~15:00ごろ (11:45~13:00を除く)
参加費:1個110円(税込)
作業時間:30分ほど
申込み:不要 当日学習館受付まで。
※ただし材料は40名分まで。なくなり次第終了します。
対象:どなたでも
備考:混雑時は、体験まで少しお待ちいただく場合があります。
問合せ・申込み先
八尾市立しおんじやま古墳学習館
住所:大阪府八尾市大竹5-143-2
電話:072-941-3114
休館日:毎週火曜日、祝日翌日など

4/4、しおんじやま古墳の桜情報。満開までもう少し!

ここ数日寒かったり、嵐だったりして、桜の開花が少しストップしていたが…

今日はいい天気で暖かくて桜も満開に向けてラストスパートだな!

この写真のように満開に近い所もあれば…

もうちょいのところも。全体では5~6分咲きって感じかな。
ということで、やはり今週末が見頃のようだぞ!

4/1~18で開催中、東急ハンズ新宿店の「古墳に大コーフン」に行ってきたぞ!

先日告知した「古墳にコーフン協会」プロデュースの東急ハンズ新宿店でのグッズ販売企画「古墳に大コーフン」。早速、余自ら行ってきたぞ!

7階にあるサイエンスコーナー。エスカレーターで上がって行くと、前方後円墳の顔出しが登場。

担当者の戸村くん。余は初日に行ったのだが、徹夜でコーナーを設置したのでちょっとお疲れ気味?いやいや、元気に来店者にいろんなグッズを紹介していたぞ。

東急ハンズ新宿店、企画紹介ページ
https://bit.ly/2I30l2M

ということで、たくさんの者が来店。 全国各地の個人の作家や団体、企業などが作った様々なグッズが陳列されていた。

しおんじやま古墳のグッズたち。定番人気の埴輪タンブラーやミニ埴輪。


東急ハンズでは初登場の「八尾古墳手ぬぐい」も

その他にも、しおんじやま古墳でも世話になっている作家や企業のグッズもたくさん。関西で活動していて見に行けない者もいると思うので、こちらで紹介。

アダマロくんのペーパー古墳アクセサリーやダブルマウンドくんの前方後円墳の箸置きなど

こちらも古墳グッズでは、もはや定番になったオークラ印刷くんの古墳グッズたち。

もちろん宇宙椅子くんの古墳クッションも。

他にも、こんなカワイイ埴輪のマグネットなどもあって、グッズで古墳や埴輪を楽しめる企画になっているぞ。

また、同時「鉱物大コーブツ」という企画も開催。

いろんな鉱石の中には、勾玉や石器もあったり。またチラッと縄文グッズもあったり、こちらも楽しめると思うぞ。

ということで、東京のど真ん中での古墳グッズ企画。4月18日までなので、近くの者は是非この機会に行って買ってくれ!
まわりまわって、ハニワ帝国の資金にもなるしな。よろしく~

3/31、廃校でのイベント「みんなの楽校&山ねきマルシェ」に行ってきたぞ!

報告が遅くなったが、3月31日に、しおんじやま古墳近くにある旧北高安小学校の廃校で行われた「みんなの楽校」と同時開催の地元のイベント「山ねきマルシェ」に登場してきたぞ。

学校のグラウンドで行われた飲食や物販ブースのマルシェ、子どもワークショップ、ステージに加えて…

体育館でもワークショップやダンスなどのステージがあったり、校舎スペースでもニッポンバラタナゴなどの水槽展示や子育てや科学実験などの授業も開催。

ニッポンバラタナゴのキャラ「キンタイ君」も登場。一緒に記念撮影

一日、いろんな取り組みが行われて、ホントにたくさんの人たちが来場。
余の登場にもよろんでくれる者が多くて、記念撮影しまくりであった。

以下、一緒に撮った者を紹介!!

キノコの販売での出展者とも撮影!

ベトナムから最近来た者とも記念撮影!結構喜んでくれたぞ。

小さな子とも一緒に!頑張って抱っこしてみた。親の要望で抱っこしたが、子どももよろこんでくれてよかった。(たまにミスマッチで子どもが嫌がる場合があるので注意が必要なのだ~)

いい笑顔!

地域の取り組みに少しは貢献できたかな?
また運営では、学生もボランティアたちも大活躍。余も少しだけ手伝ったり!?

この日の臨時側近の学生。ありがとう~


ちなみに「みんなの楽校」は、この地域だけでなく、他の地域でもこのようなイベントを行っていきたいそうだ。

また「山ねきマルシェ」は今後も廃校をベースに活動を続けていく。

いろんな者たちがいろんな思いをもって、活動していく。ハニワ帝国&しおんじやま古墳は、これからもそんな者たちを全力で応援していくぞ~!

ということで、このイベントで余からシールをもらった者は、しおんじやま古墳に来るんだ。きっとだぞ。待っているぞ~!!