アリオ八尾へPRイベントに行ってきたぞ~

2月11日に八尾市のショッピングモール「アリオ八尾」へ毎年恒例のPRイベントに行ってきたぞ。

場所の変更などがあったが、結局1階のモール通路で開催することに。

開店直後からたくさんの来店者。さすがアリオだな。

今回はガーネット&サファイア探しのワークショップも開催。昼から参加する者が増えてきて、結局20名近くが体験してくれたぞ。

もちろん余の登場も!シールを配ったり、記念撮影したり、多くの者と触れ合ったぞ。

男の子や

ファミリーと

こちらはすでにハニワ帝国の国民ファミリー!いい笑顔だ!!

出展ブースだけでなく、店内も視察

テナントのショップ店員とも交流~

アリオ八尾内にあるFMちゃおのスタジオにも。スタッフの案内で生放送にも出演。MCのお兄ちゃんはいきなりだったので、少しびっくりしていたな!

少し疲れたの休憩しながらPR

今回は、ミュージアムアンケートも実施。スマホやタブレットなど埴輪らしくない!?最新機器を使ったアンケート。

アンケートしてくれた者には、ガチャチャレンジ!

余のグッズをゲットしてもらった。
こんな感じで、10時~17時までいろんな者にPRしてきたぞ。なかには小学校6年の時の見学で来てくれた者で「あ~知ってる」という声も多くて、余もうれしかった。

ちなみに今回取ったアンケートでは、約50%の者がしおんじやま古墳を知らないという結果であったが、逆にその半分はしおんじやま古墳の事を知っていた。来店者のほぼ半数が八尾市民で、それ以外は周辺の市町村からの来店であったことを考えると、八尾市内ではなかなかの認知度?かもしれない。

また実際に、しおんじやま古墳に来たことがある者は26%であった。まだまだ頑張れなければ!と思うと同時に、余の活動を地道に?続けている成果が出ているのかもしれないな。
とにかく、11日に来てくれた者ありがとう~感謝だ。そして、しおんじやま古墳に来たことがない者は、是非来てくれ!待っておるぞ~

さらに場所変更!アリオ八尾のPRイベントだ!

どうも!今日は告知していた通り、アリオ八尾でのPRイベントだ。

早速朝からアンケートや体験をしてくれる子もいるぞ!

で、昨日開催場所の変更を学習館のホームページで知らせたが、当日になってさらに変更!

→「1階レッドコート近く、モール通路間付近」で開催しているぞ!

という事でよろしくな〜

大阪歴史博物館の特別展「はにわ大行進」に行ってきたぞ!

2019年1月26日から3月17日まで、大阪歴史博物館で開催されている「特別展 はにわ大行進 長原古墳群と長原遺跡」に行ってきたぞ。古墳時代の特別展だからな。これは行かないと!

今回はタイトル通り大阪市の平野区にある「長原古墳群・長原遺跡」がテーマ。1974年の地下鉄の工事で発見され、それ以来調査が行われてきた。その中でも古墳時代は200基を超す古墳や、いろんなものづくりをした集落の跡が見つかっている。
そんな古墳時代の長原遺跡について、収蔵庫からすべての遺物が大行進!大集合!!って感じの特別展であった。

前半はタイトル通り、長原古墳群を含め、他の遺跡からの埴輪など、いろんな形の埴輪を紹介。
お出迎えは、長原45号墳の武人形埴輪!どうも!

平日に行ったが、平野区の地元の者らしい夫婦や、じっくり埴輪を見学している専門家?的な者、小学生の団体など、結構見学者が多かったぞ。

船形埴輪も大集合であった。

もちろん蓋形埴輪も。一ケ塚古墳の囲形埴輪もあったぞ。

長原古墳群は、古墳時代中期の古墳が大部分だが、古墳時代後期の古墳も。その内、唯一の横穴式石室の「長原七ノ坪古墳」の遺物もたくさん紹介されていた。出土した馬具も展示されていたぞ。

最後は集落としての長原遺跡。碧玉や緑色凝灰岩など玉の素材や、作る途中のものなど見つかっている。ここで、玉作りが行われたようだ。

こんな感じで、古墳時代の長原古墳群&長原遺跡の大放出祭!って感じの内容であった。初心者の者にはちょっと難しい所はあるかも知れないが、じっくり&いろんな資料を見るにはいい機会だと思うぞ。

展示室の外には、特別展に合わせたショップコーナーも。古墳時代の本はもちろん、しおんじやま古墳でも世話になっている古墳グッズもあって、こちらも楽しめるぞ。

帰る時は記念撮影コーナーも!


——————————————————
大阪歴史博物館 特別展
はにわ大行進―長原古墳群と長原遺跡―
——————————————————
【会  期】2019年1月26日(土)~ 3月17日(日)
【休 館 日】毎週火曜日休館
【開館時間】午前9時30分から午後5時まで(会期中の金曜日は午後8時まで) ※ただし、入館は閉館の30分前まで
【会  場】大阪歴史博物館 6階特別展示室
【観 覧 料】特別展のみ:大人1,000円、高校生・大学生700円、中学生以下は無料 ※詳しくは歴史博物館ホームページへ
【主  催】大阪歴史博物館、公益財団法人大阪市博物館協会 大阪文化財研究所
【特別展ホームページ】http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2018/haniwadaikoushin.html

着物で古墳を楽しんでくれたぞ!

今日、しおんじやま古墳に来てくれたのは、おしゃれな着物の軍団?何のサークルなのか?と思って側近が聞いたら、洋服の上から着物を着付けて、気軽に着物のおしゃれを楽しむ、そしてお出かけをする、着付けの先生とその生徒たちのグループであった。


みんなでお出かけは初めてだそうで、第一回目の遠足にしおんじやまを選んでくれたのだ。どうもありがとう!


で、歴史体験もしてくれた。土笛作りと埴輪ストラップをするグループに分かれて楽しんでくれたが、みんな手際良く可愛い作品を作っていたぞ。


体験の後は、古墳散策をして撮影会。古墳を背景にみんな着物姿がバッチリだな!普通に古墳を散歩していた者もこのグループを見て「着物すてきやね~」と声かけていたぞ。


「着物でお出かけ」というのは、なかなかハードルが高い気もするが、こんな着物や浴衣など、結構気軽に着られる物もあるので、こういう形で古墳を楽しんでみるのも面白いな!!

しおんじやま学び場「八尾の街道の移り変わり」開催したぞ!

2月2日は、しおんじやま学び場を開催。今回は「八尾の街道」がテーマ。講師は、八尾市立歴史民俗資料館の樋口先生であった。

道・街道とはそもそも?からスタートして、古代の官道(駅路)について紹介。
まず、官道の特徴としては、
 ①直線的
 ②両側に側溝や盛土など、幅を示すものがあるかどうか 
 ③一定の幅があること
ということが挙げられるらしい。

そして、八尾市内の街道について。
八尾市内を通っていた古代の道として記録に出てくるのは、まず日本書紀に書かれてる「磯歯津道(しはつみち)」がある。
大阪の住吉の津から大和へ向かう道で、雄略天皇の時代に整備されたようだ。

もう一つは、続日本紀に出てくる「渋川道(しぶかわみち)」だ。奈良時代、756年に孝謙(称徳)天皇が難波から柏原市の智識寺に行く時に通ったと記録で出てくるのだ。
ただこれらの道が現在のどの道?というのは、今の街を見ても分かりにくい。現在残っている街道がいつから使われていたかを証明するのはなかなか難しいのだ。

そんな中、遺跡の発掘調査で判明している「道」もある。八尾市内では久宝寺遺跡で「道」と思われる遺構が見つかっている。

一つは、市民病院を建設する時の調査で見つかっており、幅9mで両側に溝があるもので、検出した長さは120mほどあった。この道が造られ使われた時期ははっきりしないが、古墳時代後期から奈良時代にかけと考えられており、JR大和路線に沿うような感じで伸びていることから、これがさっき紹介した「渋川道」かも?と推測されている。

その他にも、久宝寺遺跡では、幅3mで検出した長さ35mほどの飛鳥時代の道路と考えられる遺構も見つかっている。
道路と考えられる遺構は、まっすぐな溝が長く伸びる感じで、見た目は結構地味な?感じだが、当時の人々が行き来した大動脈。地道な調査の結果から当時の様子を復元できるかもしれないのだ。

今回は、そんな八尾の街道について知ることができた学び場であった。
次回は、3月2日にシリーズ八尾の最終回。「八尾の近代化遺産」をテーマに、柏原市立歴史資料館の石田先生に話をしてもらうので、こちらも楽しみしてくれ!よろしく~

弥生博「冬のやよいミュージアム」の見学に行ってきたぞ!

昨日は、少し時間が空いたので、午後から大阪府立弥生文化博物館で開催された「冬のやよいミュージアム」の見学に行ってきた。

館に入ってすぐのロビーを中心にいろんなワークショップがたくさん。入口で副館長がいたので一緒に撮影。

今回初登場で、かなり話題になっていたという「銅鐸せっけん作り」のワークショップも見学。見本を見せてもらったが、太陽に透かすとさらにキレイ!

銅鐸の型に、色のついた石鹸の液体を流し込んだら、学芸員から鋳造とは?鍛造とは?の解説。

みんな、キレイな銅鐸せっけんが完成してよろこんでいたぞ。

他のワークショップは、古墳フェス・はにコットのメンバーがしていた「古墳キーホルダー」。前方後円墳や人や馬の埴輪の形をしたベースにサインペンで自由に書くという内容。みんな楽しく書いていたぞ。

またこちらは、白色のシートに魚や海の生き物を自由に描いたり色をぬって、それを石器の材料であるサヌカイトで切り抜くという物。

サヌカイトの切れ味を感じながら、最後はみんなの作品を貼り合わせて、大きな作品が完成していたぞ!

そして、奥のスペースには、ダンボール迷路も!


中には、弥生クイズもあって、楽しめるように。しおんじやま古墳でも数年に1回ダンボール迷路をしているが、こちらの方は穴が大きいので大人でも通過しやくなっていたな。

他にも火おこしや勾玉作りなど、いろんなワークショップがたくさん。冬の一日、子どもたち、ファミーが弥生博で楽しんでいたぞ!

3月には、しおんじやま古墳からも弥生博に出展するので、その時はよろしくな~

明日から2月の月替り体験「ガーネット&サファイア探し」だ!

明日からは、2月の月替り体験メニューがスタート!去年6月にも実施して大好評だった「ガーネット&サファイア探し」だ。

二上山周辺の砂の中から、古代の玉作りにも使った「金剛砂=ガーネット」や、「サファイア」を探し出して、レジンの中に封入してキーホルダーするという内容。宝さがしのようで、面白いぞ!!

体験したい者は、遊びに来てくれ!

-------------------
【月替わり歴史体験メニュー2019年2月】
ガーネット&サファイア探し
-------------------
内容:二上山周辺の砂の中から、古代の玉作りにも使った「金剛砂=ガーネット」や、「サファイア」を探し出して、レジンの中に封入してキーホルダーにします!

日付:2019年2月の土・日・祝日
※2/3・9・10・11・17・23・24に体験できます。2/2・16は講座・イベントのためお休み

場所:八尾市立しおんじやま古墳学習館
受付時間:9:30~15:00ごろ (11:45~13:00を除く)
参加費:1個320円(税込)
作業時間:30~40分ほど
申込み:不要 当日学習館受付まで。
対象:どなたでも
備考:混雑時は、体験まで少しお待ちいただく場合があります。
問合せ・申込み先
八尾市立しおんじやま古墳学習館
住所:大阪府八尾市大竹5-143-2
電話:072-941-3114
休館日:毎週火曜日、祝日翌日など

申込は2/8まで「2/16開催、大阪府八尾市発 セスナ機で見る大阪の巨大古墳ツアー」だ!

現在、『大阪府八尾市発、セスナ機で見る大阪の巨大古墳体験ツアー』の申込を受付中だぞ~!

実施日は2019年2月16日(土)で、申し込みは2月8日まで。

下のボタンの専用サイトか学習館まで電話をして申込んでくれ。

RESERVA予約システムから予約する

まだ定員には空きがあるので、悩んでいる者は是非この機会に申込んでくれよ。待っておるぞ~

【昨年の様子】
その1 https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12345954228.html
その2 https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12346079145.html
その3 https://ameblo.jp/haniwa-emperor/entry-12346757117.html

チラシデータ(PDF)
http://www.racco-taiken.com/sionji/news/2018/ses2018.pdf

——————————————————————-
【大阪府八尾市発】
 ◆セスナ機で見る大阪の巨大古墳体験ツアー◆
——————————————————————-
大阪が世界に誇る歴史遺産「百舌鳥・古市古墳群」を「八尾空港」からセスナ機で上空から見学。巨大前方後円墳をその目で見ることができます!
また、八尾市にある古墳時代の姿に復元された全長160mの前方後円墳「心合寺山(しおんじやま)古墳」も見学。
さらに昼食は地元懐石料理店とのコラボ、特製「古墳懐石弁当」。いろんな八尾の素材を使って大阪の古墳を堪能する古墳ツアーです!
 
【日時】 2019年2月16日(土)9時半~17時
 雨天・荒天の場合で、セスナ機のフライトが中止の場合、フライトのみ翌日午前中に順延し、バスツアーは、しおんじやま古墳や堺市の仁徳天皇陵古墳を見学し実施します。
【申込】 2月8日(金)まで 先着15名(最低催行9名)

RESERVA予約システムから予約する

【ツアースケジュール】 
  9:30  近鉄八尾駅北側バスロータリー(みずほ銀行前)集合
  10:00 八尾空港フライト ※フライト時間は20分
        ※乗る座席により、見える古墳に違いがありますので、ご了承下さい。
        待ち時間は、格納庫などバックヤード見学
  13:00 移動
  13:45 昼食(古墳懐石弁当)
  14:30 八尾市立しおんじやま古墳学習館見学
       周辺の史跡や古墳を見学
  16:30 学習館出発
  17:00 近鉄八尾駅 解散

【参加費】 1人22000円(税込み) フライト・バス・昼食・入館料込。子ども料金の設定なし。
【対象】 どなたでも。3歳以上参加可。中学生以下は、保護者の参加必要
【定員】 先着15名。(最低催行人数9名)
【企画】 NPO法人歴史体験サポートセンター楽古(八尾市立しおんじやま古墳学習館 指定管理者)
【協力】 株式会社ドリーム観光、懐石料理 佑和、第一航空株式会社、BOROT pilotshop
【問合せ・申込先】 
 八尾市立しおんじやま古墳学習館
  電話:072-941-3114
  開館時間:午前9時~午後5時まで
  休館日:火曜日、祝日の翌日、年末年始