セスナ古墳ツアー、ホントに無事に終了~!

2月22日に今年度のセスナ古墳ツアーを開催したぞ。このツアーは、昨年世界遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」を八尾空港の遊覧飛行で上空から見学。また1600年前の姿に復元された「しおんじやま古墳」を地上からも見学。大阪府八尾市にある地域資源で、大阪初の世界遺産になった古墳文化を堪能しよう!という内容だ。

ツアー自体は2012年から始めたもので、毎年天気の安定するこの時期に開催している。今回も定員一杯の21名が参加、遠くは東京からの参加者も。ありがとう~ って、ここまではよかったのだが…

1週間前の週間予報でこの日だけ雨。そして当日も昼前から強い雨予報…
遊覧飛行は、視界が悪くなると飛べないそうで、午前中のフライト大丈夫か!?という不安の中でのスタートであった。

まず集合は、JR久宝寺駅。これまでは八尾市内で一番の市街地である近鉄八尾駅を集合場所にしていたが、久宝寺駅がおおさか東線とつながって、新大阪駅から直接来れるので、今回は久宝寺に集合場所を変更してみた。

全員が無事集まって、早速八尾空港へ移動。いつも世話になっている第一航空の建物に入って、まずは搭乗表への記入とフライトの説明。その後格納庫に移動してフライトが始まった。

ただ1回のフライトは約20分。21名の参加で待ち時間があるので、その間は、格納庫にある飛行機やヘリコプターの試乗。

また近くにある飛行機グッズの「エアロラボ パイロットショップ」へ。

以前よりも大きなお店になって、さらにカフェコーナーも立派に。このような場所があるのはホントにすばらしいことだな。そして、ツアー参加者にはショップから記念品のプレゼントも。

古墳歯ブラシも販売してくれているぞ~

そして、自分の順番が来たらメインイベントのフライトだ!
でも、この頃には雨がパラパラ…

やばい感じ…でも東の方はまだ明るい。だが西の方は暗い… おお~
すると、第一航空のスタッフの者が、「とりあえず大丈夫ですかね~5,6番目の方は行けると思いますが、最後は…」
「え~頼むぞ~天気持ってくれ~」と祈りながらであったが、余の力が効いたのか?参加者、スタッフの者たちの願いが効いたのか、最後はザーザー降りになっていたが、視界は行けたようで無事全員フライトすることができた!

百舌鳥古墳群だ
仁徳陵古墳だ
古市古墳群へ移動して
応神陵古墳だ

実際、フライトすると、遠くは見渡せないが、飛ぶのは古墳の上空なので古墳自体はしっかり見えて、参加者はみんなよろこんでいたぞ。

そして、昼食はしおんじやま古墳へ移動して、いつもの古墳懐石弁当。
八尾市内の「懐石料理 佑和」のお弁当だ。こちらもみんな満足。
そんな昼食を楽しんでいると…

お待ちかね?の余の登場~
記念撮影をしながらおもてなしをしてやったぞ。

その後午後からは、館内の展示室を側近の案内を聞きながらの見学。ちょうどこの時間が一番ザーザー降りだったので、案内を長めに。

そして、雨が小降りになったところで、しおんじやま古墳へ。

初めてしおんじやま古墳を見るものも多かったので、側近の案内もしっかり聞いて、見学してくれたぞ。

そんなこんなで、今回のセスナ古墳ツアー、雨に悩まされたが何とか無事終了。アンケートを見ても、みんな大満足!って感じであった。ふ~

このツアー、また来年のこの時期にも開催しようと思うので、これを見て参加したい者はその時まで待ってもらうか、3人集まれば、別日程での開催も可能なので、一度学習館まで連絡してくれ。よろしく~

大阪YMCA学院、日本語学科のみんなが来てくれたぞ!

2月17日に、大阪YMCA学院日本語学科の学生たちが見学&埴輪ストラップ作りの体験で来てくれた。

すでに日本に住んでいたり、勉強のために来ていたり、状況はいろいろあるようだが、とにかく外国から来て、日本語を学んでいる者たち。とは言え、結構勉強をしているようで、側近も普通に日本語で説明。

全員で30名近くいたので、埴輪ストラップ作りと古墳見学のグループの2つに分けてスタート。

いつもはしゃべったり、作り方の説明書を見てもらうのだが、今回は事前に作り方を映像で撮影。それをスクリーンに映し出して説明したぞ。

古墳&展示室の方も、側近が思いっきり日本語で(日本語学科なので、その方が勉強になるしな!)説明して、みんな熱心に聞いてくれたぞ。大山古墳の事も知っていたし。すばらしい~&世界遺産のニュースはやはりすごいな!

古墳はものすごく強風だったので、さささーと見学。

そして、埴輪ストラップも無事完成。時間の関係でストラップの金具付けは、側近たちでして、後日郵送。学生たちももう受け取ったと思うが、喜んでくれているかな?
他にもいろんな体験もあるので、母国や日本の友だちを連れて、また遊びに来てくれよ~

最後の記念撮影!

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴うイベント中止・開催のお知らせ

八尾市立しおんじやま古墳学習館よりお知らせです。

 
現在、大阪府内に新たな新型コロナウイルス感染者は発生していませんが、今後の感染者拡大に備えて、3月20日までの間、大阪府の方針に基づき、八尾市主催の行事・式典等については、原則中止もしくは延期することになりました。
 

それに伴い、3月7日(土)に八尾市立青少年センターで開催予定の「学び場100回&開館15周年記念シンポジウム」は中止いたします。
すでに多くの方に申し込みいただいておりましたが、このような状況ですので、ご理解の程よろしくお願いいたします。 (申込の方には当館から順次連絡させていただきます)

 

なお、2月22日(土)に実施予定の「セスナ機で見る大阪の巨大古墳体験ツアー」については、予定通り開催いたしますので、申し込みの方はよろしくお願いします。

 

2020年2月19日
八尾市立しおんじやま古墳学習館

浜松市から大きな埴輪と一緒に来てくれたぞ~

先週の土曜日、大きな埴輪ぬいぐるみ+人間2名が遊びに来てくれた!
聞いたら、古墳好きで浜松市からわざわざ来てくれたそうだ。ありがとう~
早速、はしづか君とうちにいるミニ埴輪たちで交流~

さらに聞いたら、昨年の高槻市今城塚古墳での「古墳フェス・はにコット」で余に会って、それからしおんじやまの事が気になっていたそうだ。すばらしい!

さらに、先日紹介した『やまとは恋のまほろば』も読んでいたようで、やはりマンガすごいな!

ぬいぐるみの持ち主たちは、埴輪スノードーム作りを楽しんだ後、しおんじやま周辺の古墳も散策。その後は、百舌鳥古墳群へ行きます!とのことであった。
このように、遠くから来て、一日大阪の古墳で楽しんでくれる者がいるのはうれしいことだな。
来てくれてありがとう~

曙川中学校からの職場体験に来てくれたぞ!

先週2月6日、7日に八尾市立曙川中学校から職場体験に来てくれた。

昨年、クラブの先輩がしおんじやま古墳に職場体験に来てくれて、それで行ってみようと思ったそうだ。ありがとう~

ということで、いつも通りまずは側近と一緒に開館作業から。
古墳の門を開けて… 
日頃、こんな扉を開けることもないので、案外開けにくかったりするのだ。

この時期、落ち葉は多くないが、学習館周りを簡単に掃き掃除。

館内の掃除機もかけてもらったぞ。
これは、他の博物館では他のスタッフがしている場合もあるかもしれないが、学習館では全スタッフが行う作業。自分たちで施設をキレイにしているのだ。

一段落したら、古墳の葺石の間に生えている草抜きも。この時期でも草が残っている場所があったので、写真では一人だが側近と一緒に作業をしてもらった。
(さらに写真が断崖絶壁っぽくなっているが、そこまで斜面じゃないぞ~)

それらが終わったら、館内でもろもろ作業。ちょうど2月の月替わり体験の埴輪スノードームづくりに使用するミニ埴輪が大量に到着したので、包装と値札付け。

ものすごい事務作業だけど、これも博物館の仕事の一つ。そんな作業をしながら、側近たちとコミュニケーションも取って…これも社会勉強だな。

他にもいろんな作業をしてもらって、あっという間の2日間。無事職場体験終了となった。ご苦労であった!


そして先日、職場体験してくれたK君が、クラブのメンバーと一緒にあいさつに来てくれた。また来年後輩がお世話になるかも?って。是非待っておるぞ~

しおんじやま古墳が舞台のマンガ「やまとは恋のまほろば」がananマンガ大賞に!おめでとう~!

そうなのだ。まずLINEマンガで連載中の「やまとは恋のまほろば」というマンガがあって、しおんじやま古墳が舞台になっておるのだ!
そして、年末に発表された雑誌ananの第10回マンガ大賞を受賞したそうだ!おめでとう~

そもそもこのマンガは、関西にある「おたけやま古墳」とその近くの大学に通う大学生の女の子が「古墳研究会」でイケメン男子2人に囲まれたり、翻弄されながらの恋愛模様…
そんな内容で、舞台の「おたけやま古墳」が、しおんじやま古墳をベースに描かれているのだ。

LINEマンガ「やまとは恋のまほろば」ページへ
https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000422

古墳はもちろん、学習館の館内も描かれているので、見ると「あ!しおんじやまだ!!」と余裕で分かるほど。
以前、作者の浜谷みお君と編集者が取材にも来てくれ、古墳そうじの活動にも参加してくれた。そこで聞くと、浜谷くんが八尾市在住で、近くにあるしおんじやま古墳にも以前から来てくれていたようだ。そして、久々に作品を作ることになって、古墳を舞台にしてくれたのだ。

古墳研究会という設定も、実際に大学にあるのは考古学研究会が多いようだが、そこは恋愛がテーマの物語で、古墳が出まくりなのでOKだな。さらに、おたけやま古墳には、余ではなく「おたけやん」というキャラが登場!余からインスパイアされておるな!きっと。

さらに年末に発表されたananマンガ大賞の受賞。すばらしい~
実は受賞を最近知ったので、発表時のananを取り寄せたぞ。

受賞のインタビュー記事にも、しっかり、しおんじやま古墳の事や、グッズの展開が熱いって、紹介してくれているぞ。ありがとう~

受賞の記事はこちら…
https://ananweb.jp/news/267036/

これで聖地になるかも?
いやいや、すでにハニワ帝国の本拠地だから聖地のはずだ。
ま~とにかく、これを見たものが来てくれる日もあるかも?それはそれで、新たな古墳の魅力になって面白い。
浜谷くん、おめでとう~これからもがんばってくれ!

3月7日は、学び場100回&開館15周年記念シンポ「弥生から古墳時代の八尾と博物館を考える」を開催!

いきなりだが、余がしおんじやま古墳に来たのは2012年4月だが、しおんじやま古墳学習館自体は、2005年(平成17)4月25日に開館したので、再来月で開館15周年になる。
また毎月第一土曜日に開催している講演会「しおんじやま学び場」は、2008年(平成20)4月にスタートし来月で100回目になる。

そこで、開館15周年と 学び場100回を記念して、八尾と弥生から古墳時代を考える講演会を開催することにした!

また昨年、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録され、大阪にある「古墳や博物館」についても注目が集まっている。そこで、講演に続いて「これからの古墳と博物館について考える」シンポジウムも開催するぞ。

いつもの学び場は、申し込み不要、定員30名で学習館で開催しているが、今回は八尾図書館3階の青少年センターという少し大きいスペースを確保。また事前申し込み制にしておるので、参加したい!!って者は、学習館まで電話か、Webで申し込んでくれ。

ちなみに、八尾市広報や学び場にいつも来てくれる者には既に案内をしていて、結構申し込みもあるので、これを見たものは、早めに申し込んでくれた方が良いかもだぞ~



【プログラム】
◆講演① 13:05~14:00「弥生から邪馬台国時代の八尾を考える」
大阪府立弥生文化博物館 館長 禰宜田佳男さん

◆講演② 14:05~15:00「百舌鳥・古市古墳群の時代と八尾を考える
大阪府立近つ飛鳥博物館 副館長 廣瀬時習さん

◆パネルディスカッション 15:10~16:00 「これからの古墳と博物館を考える」
・コーディネーター 阪南大学国際観光学部 准教授 和泉大樹さん
・パネラー 講演者+堺市・堺市博物館 学芸員 橘泉さん、高槻市・今城塚古代歴史館 館長 内田真雄さん
・司会 当館館長 福田和浩

【開催場所】八尾市立青少年センター(八尾図書館3階)
※しおんじやま古墳学習館ではありませんので、ご注意ください!
【対  象】どなたでも
【定  員】80名 先着順
【参  加  費】無料
【申  込  み】事前前申込必要。受付:2月5日から
※学習館まで電話か、以下のリンク先の申込サイトから
申込サイト→ https://reserva.be/sionjiyama

【主催・申込先】
八尾市立しおんじやま古墳学習館
〒581-0854大阪府八尾市大竹5-143-2
tel 072-941-3114
メール sionji@racco-taiken.com
開館時間 9:00~17:00 休館日:毎週火曜日+臨時休館

今年一番の冷え込み!?

今年は暖冬だが、今朝はかなり冷え込んだ。

ということで、霜が古墳全体に広がっていたので、去年に続いてスマホにつけるマクロカメラで遊んでみた。

こんな葉っぱにも

アップにしてみると…

でも開館して、しばらくすると日が当たって、なくなってしまった。
さらに明日から一気に暖かくなるらしい。

これが楽しめるのも今日だけかな?
そんな日常のしおんじやま古墳である。

古墳のまわりにある池を見ると…

こんな感じ。

少し前に地元の者たちがキレイにしたばかりだというのに…
ということで、今回は側近たちが掃除。

見ると、ゴミに傾向があったぞ。

1.飲み物のゴミ
  空き缶、空き瓶、ペットボトルなど。ある意味ゴミの定番?飲んだらポイって捨てる。困ったものだ…

2.コンビニからのゴミ
  これも定番?コンビニで買って、食べたり飲んだりした後のゴミを全部袋にまとめて捨ててあるパターン。当然空き缶も一緒に。バカモノ!!側近が袋を開けて分別… 他にもコンビニで売ってるお菓子やパンの包装、レジ袋など。
「資源を大切に」の印刷が悲しいぞ~

3.農作業系ゴミ
  先日、強風があったことも影響してか、畑の畝にかぶせる黒色のマルチシートや肥料の空き袋なども結構多かった。おそらく周囲の畑から飛んできたものだろう。これは結構かさが高いので困ったゴミの一つ。

4.タバコ関係のゴミ
  これも定番かな。ライター、タバコの空き箱、タバコそのもの。池を見ながらタバコを吸って、そのまま池にポイ!あほ!!

先日の空き缶の報告の時にも書いたが、ほとんどの者がゴミを捨てずにキレイに利用しているのに、どうしても一部の不届き者がいるせいで、池が汚くなる。

こうやってキレイにした池も、またしばらくすると…

さらにゴミを見ていると、腐食してボロボロになっているプラ系のゴミもたくさんあった。正直、大きなゴミは面倒でも拾って集めることができるが、極小のさらにボロボロになったゴミは集めきれないのだ…

でもこれがいずれ川から海に流れて…と思うと。でもすべてを集めきれるものでも…
やはりゴミを出さずにしっかり処分する。そもそもゴミを出さない。それが大切だ。良い事と言うだろ?

そうなれば、側近もゴミ拾いではなく世界征服に専念できるしな!!

姫路に視察に行ってきた!

姫路に行ってきたぞ!

ということで、とりあえずお城の前で…

だが、目的地はここではない。

こちら。「イオンモール姫路リバーシティ」だ。

ここで1月18日、19日に開催された「ひょうごミュージアムフェア」に視察に行ってきたのだ。

このイベントは、兵庫県立歴史博物館と兵庫県博物館協会の加盟館が参加して、いろんなワークショップを提供しているもので、10年ほど前から実施しているようだ。イオンモールでの開催は3年ほど前から。

今回も、兵庫県内の様々なジャンルの博物館が集まっていた。

なかなか大盛況であった。

こちらは上郡町の資料館ブース。定番の勾玉作りで、やはり大人気であった。

こちらは赤穂市の有年考古館、銅鐸キャンドル&マスコット作り。こちらも受付が早々に終了するほどの人気。

メイン会場だけでなく別のフロアでも。ホントに兵庫県内のいろんな博物館が大集合~であった。

いつも世話になっている兵庫県立考古博物館は余が行く前日の出展で、別館の古代鏡展示館が鏡の模様のスタンプを押すワークショップをしておったぞ。

通路には、ブースで参加している以外の博物館の掲示も。 こういうのも良いな!と思ったぞ。

今回のイベントを初めて見て、兵庫県の博物館の魅力をしっかり感じることができた。継続する大切さもな。
また、大阪の博物館でもこんなイベントがあれば!と思ったが、北大阪や泉州などでは連携した取り組みがあるようだが、大阪府全体の博物館をつなぐようなものは見られない…というか、そのようなネットワークすらないようだ。これは非常に残念なことだ。
 
また出展しておる者に話を聞いたら、「このような場に博物館の職員が参加することで、いろんな施設との交流や情報交換ができるので非常に有意義です。またそのように意識して参加しています」ということを言っておった。
 
まさしくその通りだな。1個1個は小さな博物館でも集まることで、新しいものが生まれるかもしれない。少なくとも、このようなショッピングモールでたくさんの者が集まって、学ぶ機会を作ることができている。

そのような機会がハニワ帝国のある大阪で出来るならば…、きっと世界征服に役に立つはずだ。もちろん参加する者たちも絶対面白いはずだ。

そんなことを思いながらの姫路の視察であった!!