あべのハルカスへ行ってきて、酔っ払いに絡まれたぞ!

今日は「あべのハルカス」で開催された「天空古墳さんぽ」内の企画、古墳サミットに行ってきたぞ。

堺市、羽曳野市、藤井寺市の文化財担当者と阪南大学の来村先生のトークの後、ハルカスの60階に移動して、実際に古墳を見てみよう!という内容。

ただ今日は曇り→雨模様…

それにもめげずに、「ここから向こうに見える白い大きな建物が大阪経済法科大学で、その横にある…」って感じで何とか?心の眼で?見てもらって、さらに心合寺山古墳ついて、余についても説明。

また、あべのハルカスの展望台なので、企画の参加者だけでなく、普通の観光で来てる者たちもたくさん。

えっ?何?
しゃべる?何?
(とりあえず)写真撮っとく?
みたいな感じの者たちにも、余のシールを配りつつPR。

近つ飛鳥博物館からも衣装体験でスタッフが来ていたので、挨拶したり。
一緒に登場した、ハルカスのキャラ「あべのべあ」や「ハニワ課長」、藤井寺市の「まなりくん」とも仲良くPR。
と、ここまではいい感じだったのに…

「どうも、ハニワこうていだ!」って、いつも通り言ってたら…
いきなり、どん!!
なに?って思ったら、おっさんがどん!って寄ってきて、右フック!?

一瞬、何かの間違いかな?と思ったら、「お前偉そうやな!」って、おっさんたちのご機嫌グループ。

ややこしい感じ…

「ま〜皇帝だから、偉いのは仕方ないのだ。すまんな」と言いつつ、結局仲直りして、最後は握手&肩を抱き合って記念撮影。

流石あべのハルカス!いろんな者が来ている証拠だな。
後で聞いたら、別のキャラにも急にドン!って抱きついたりしておったそうだ。

余はコミュニケーションができるので、「やめてくれよ!」とか言えるが、言えないキャたちもいるので、酔っ払うのは勝手だが、せっかくの展望台、楽しく見学してくれよ。

ただ酔っ払いはこのグループぐらいで、ちびっ子とか、姫路から来たカップルとか、外国からの旅行者もいて、一緒に写真を撮ったり、ホントに楽しく見学してくれた。

和歌山から来たベトナムの留学生には、シールを渡したら、すぐ顔に貼ってくれて、すごくよろこんでくれたぞ。

そんな感じで、大いにPRになったイベントであった。
最後にスタッフの者たち、トークショーに出演した各市の者たち、来場者たち、ホントにありがとう!

是非、しおんじやま古墳にも来てくれよ〜

明日は、あべのハルカスで「第2回古墳サミット」に登場するぞ!

水曜日の読売テレビ「ten.」の影響で、今日は平日にも関わらずたくさんの者が来てくれた。ありがとう~
また学校の団体体験もあったりして、大にぎわいのしおんじやま古墳であったが、そんな中、ギリギリの告知になってすまないが、明日7月13日(土)に、あべのハルカスの中にある「ハルカス大学」で開催される「第2回古墳サミット」に余が登場するぞ!
久々の遠征だ!!(といっても近いが)

内容は、以下の通り。サミットは予約が必要みたいだ。
余が登場するのは、60階展望台での「パネル展示&解説」の企画で、14:00~と17:00~の2回。7月13日のみの登場だ。
その前に、13:00~と16:00~は、古墳サミットという専門家のトークショーもあるから、こちらも一緒に予約をして参加してくれ。

詳しくは、この企画のホームページを見てくれ。よろしく~

百舌鳥・古市古墳群 世界文化遺産登録記念「第2回古墳サミット」
http://harudai.jp/course/detail/kofunsumit20190713.php

「第2回古墳サミット」

開催日 : 2019/7/13(土)
時間 : 13:00~、16:00~
会場 : 阪南大学ハルカスキャンパス → あべのハルカス展望台
参加費 : 無料
予約 : 予約優先・先着順・当日参加可 定員80名
備考 :
コーディネーター:阪南大学国際観光学部 教授 来村多加史
パネリスト:
・堺市博物館 学芸員 白神典之
・藤井寺市 藤井寺市世界文化遺産登録推進室 室長 山田 幸弘
・羽曳野市 世界文化遺産推進室 室長代理 伊藤聖浩

毎年恒例の…

毎年この時期、恒例の作業といえば…

8月に開催している「しおんじやま夏の体験まつり」のチラシ分け作業だ!

夏の古墳は、「もう古墳にコーフンして、最古~」って燃えたぎる人も一瞬で黙らせるくらいの暑さで、正直なところ来館者が少ないのだ…

それではダメだ~ということで2014年から始まったのが、ハニワ貯金箱づくりなど、期間限定のワークショップができる「夏の体験まつり」。


今年の夏は、さらに他のミュージアムのワンデーワークショップの企画も。
詳しくは、こちらを見てくれ。
http://racco-taiken.com/sionji/archives/news/sionjinatu2019

そして、そのチラシを八尾市内の小学校はもちろん、周辺の、私立、国立などの小学校の全児童へ配っているのだ。
ということで、学校によっても異なるが、クラスごとに分けるって作業が必要。全部で約2万枚ほど。それを側近やボランティアの者たちと分け分け、分け分け。

八尾市内の公共施設、博物館などの分も一気に仕分けしたので、ほぼ1日がかりであったが無事終了して、発送作業も完了~。

ネットやSNSの拡散力もすごいが、地元の子どもたちには、チラシというアナログな手段が今なお効果絶大。これらのチラシも来週には配布されると思うので、是非手に取って、いろんな者たちがしおんじやま古墳に来てほしいものだ。

河内こんだハニワの里「大蔵屋」に行ってきたぞ!

世界文化遺産登録のニュースで連日、いろんなメディアで紹介されている「百舌鳥・古市古墳群」だが、その多くは堺市の百舌鳥古墳群。もちろん、堺市も盛り上がってほしいが、古市古墳群も忘れないでくれよ。

ってことで、古市古墳群のある羽曳野市&藤井寺市で頑張っている所に行ってきたぞ。この春にオープンした「河内こんだハニワの里 大蔵屋」だ。

これまで古墳のマステなど、いろんな古墳グッズを作っていた大蔵印刷工業が、社屋を改装してオープンしたのがこのお店。なので、店内にはいろんな古墳グッズを販売している。地元のお店がこれを機に作っているグッズもあるそうで、これからどんどん充実してくるかもな。楽しみだ!

お店の奥には、古市古墳群の大きな写真も。


大蔵屋は、応神天皇陵古墳の南側で羽曳野市役所の向かいの場所にある。この写真を見るとよく分かるな。

そして、ショップコーナーから階段を降りると、「はにわ工房」登場!

するとスタッフのOくんが見本を作っていた。大きな作品だ。

後ろの棚には、これまでに作った作品たちがたくさん!中には、テレビなどメディアで取材したレポーターの作品も。

ま~こういうのを見ると、「踊る埴輪」が多いのはある意味仕方ないのだが、たまに、プロ?の作品も。いろんな者が来て楽しんでいるようだな。


そんな中、北摂から来ていた家族も。古墳が好きでいろんなところに行っているそうだ。しおんじやま古墳にも是非!って宣伝しておいた。

ここは完全に民間が運営している施設。いろいろ大変なこともあると思うが、世界文化遺産登録でこれからさらに人が来て、大いににぎわってほしいものだ。
しおんじやま古墳とハニワ帝国は応援しているぞ~

そして、古市古墳群を見た後には、車で北にす~って進んで…八尾にも来てくれよ。待っておるぞ~


河内こんだハニワの里 大蔵屋

〒583-0857 大阪府羽曳野市誉田3-22-21
open 10:00~17:00 
電話 072-958-3344
ホームページ http://okura-hd.jp/haniwanosato/

読売テレビ「ten.」の取材があったぞ!

先日、読売テレビの夕方の情報番組「かんさい情報ネット ten.」の取材があったぞ。百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録のニュースのおこぼれ?だな。

取材してくれたのは、水曜日の名物コーナー「Let’s GO! 若一調査隊」
作家でコメンテーターの若一光司くんとアナウンサーの黒木くんが、いろんな街の疑問を調査するという内容。今回は「古墳の本当の姿とは!?」がテーマ。


まずは、しおんじやま古墳で撮影。築造当時に復元された古墳について、若一くんが黒木アナに紹介。

その後は、しおんじやま古墳の発掘調査を実際に行った八尾市のFくんが案内。側近の館長は先約の別件があったので、今回お願いしたのだ。

造り出しでは、水の祭祀場の埴輪について紹介。

展示室では、その埴輪のレプリカを使ってさらに解説。

ということで、記念撮影も。

撮影日は、かなり暑くてご苦労であった!

放送は、明後日7月10日(水)午後4時47分~の「ten.第一部」関西ローカル番組なので、それ以外の地域の者は見ることができないが、どんな内容になっているか?関西の者は是非見てくれ。

http://www.ytv.co.jp/ten/corner/wakaichi/

昼食として、懐石料理佑和の「古墳懐石弁当」も食べてもらった。こちらの紹介も楽しみだな。

最後は、途中で合流した館長と一緒に。今回、余は登場しないが、しおんじやま古墳の様子をぜひ見てくれ!

読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
放送日 2019年7月10日(水)午後4時47分~ ※実際の放送は5時以降

明日7/6の学び場は、シリーズ古墳と博物館④「但馬最大の池田古墳」を開催するぞ!

百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産の登録のニュースも楽しみだが、 明日は、第一土曜日。ということで、しおんじやま学び場を開催するぞ!
今回は、但馬最大の古墳「池田古墳」がテーマ、水鳥形埴輪など貴重な埴輪もたくさん見つかっている古墳だ。
詳しく聞きたい者は、是非来てくれ!


しおんじやま学び場【2019年7月内容】
シリーズ古墳と博物館④「但馬最大の池田古墳と兵庫県立考古博物館の活動について」

日時:2019年7月6日(土)14時~15時ごろ予定(受付13時半から)

講師:兵庫県立考古博物館 学芸員 松岡千寿さん
内容:兵庫県立考古博物館では、今年度、但馬最大の前方後円墳池田古墳の特別展を行います。貴重な水鳥形の埴輪が出土しており、その埴輪を活用した博物館のボランティア活動も盛んです。それらについてもご紹介します。

場所:八尾市立しおんじやま古墳学習館 ガイダンスホール
対象:どなたでも
定員:30名
参加費:無料
申込み:不要(当日受付、先着順)