ハニワこうていの世界征服ブログ

ハニワ帝国のこうていが、世界征服に向けて、本拠地である八尾市立しおんじやま古墳学習館で、日々どのようにして、地道に?国民を増やす活動をしているかのブログ

世界征服に向けての日々の様子…

鳥取むきばんだ史跡公園「冬の古代体験」に行ってきたぞ~

12月8日に、鳥取県にある「むきばんだ史跡公園」に行ってきたぞ。
9月に実施予定だったイベントが台風で中止になったので、「冬の古代体験」として週替わりでいろんな博物館のワークショップができる企画に。

しおんじやま古墳からは、今年の秋イチオシの「発掘体験BOXで楽しもう~」

開始の10時前に来てくれる子もいて体験。むきばんだ史跡公園のボランティアの者にも手伝ってもらって実施したぞ。

部屋の中には、しおんじやま古墳のPRのチラシなども設置。

午後からもボチボチ参加者が来てくれて、しおんじやま古墳のことをしっかり紹介しながら参加者やボランティアの者たちとコミュニケーション。

友だち同士で来てくれたり…

小さい子たちも。むきばんだのスタッフにも「これはいいですね~」って好評であったぞ。

余のPRもしっかりして、シールもプレゼント。すると早速服につけてくれたぞ!

素晴らしい!!
さらに…

カバンに貼ってくれる子も。こっちも素晴らしい~!!
鳥取県にも余の国民がしっかり誕生したな。

ちなみに、むきばんだ史跡公園には、弥生時代の集落やお墓が発見された様子が残されており、いろいろ学ぶことができるぞ。

いろんな歴史体験も

ショップは冬季が休みらしく、この日が最後の営業日であった。
また来春に!

外に出ると、こんな絶景も!
手前に見えるのが、小さいが四隅突出型墳丘墓だ。

こちらは、むきばんだのウリの一つ、屋外で竪穴住居を発掘できる「はっくつ体験」&遺構展示館。

遺構館には、発掘当時のままの竪穴住居の遺構が残されているぞ。
竪穴が深い!


もちろん、竪穴住居が復元されている風景も見えるぞ。

こちらが発掘体験できるところ。5月から11月まで体験できるみたいだ。

竪穴住居がどんな土で埋まっているのかを表現している。

測量体験もできる。ということやってみた。

水道もデザインが凝っていたな。おもしろい!

遠くに見えるのは孝霊山。その奥に大山がある。

こんな気持ちいい風景が広がる「むきばんだ史跡公園」山陰の弥生時代を知りたいなら、是非行ってみてくれ!

むきばんだ史跡公園

2019年12月14日

12/15近つ飛鳥博の勾玉作り@アリオ八尾。ハニワこうていも登場!

12月15日(日)は、アリオ八尾で大阪府立近つ飛鳥博物館が開催する「まなびシリーズ・古代のアクセサリー 勾玉を見る知る作ろう」のイベントが開催されるぞ。そして、それに余も協力。ステージに登場するぞ!

詳細は…アリオ八尾「勾玉を見る知る作ろう」

場所はアリオ八尾・光町スクエアのイベントステージ。この企画の時間が11時~12時30分と、14時~15時30分の2回。

そのスタート時間から約30分ぐらいの予定で登場するぞ。
その後には会場をまわって、イベントを盛り上げるから、近くの者は是非来てくれ!よろしく~

それと、勾玉作りを体験したい者は、チラシを見て問合せ先まで申し込んでくれ。参加費無料だからお得だぞ。

それにしてもリンク先の余の画像、荒っ!!

2019年12月13日

高安小中学校の職場体験であった!

先週12月5、6日に、しおんじやま古墳からすぐ近くにある八尾市立高安小中学校(←小中一貫校なのだ)の8年生が1名、職場体験で余の臨時側近として働いてくれたぞ。

まずは、開館準備から

ちょうど落ち葉の時期なので、落ち葉掃除をしながらだ。

ゴミを拾ったり…
そして、館内に戻ってきたら、掃除機も。
あさイチは、そうじが側近の重要なお仕事なのだ。

それが終わったら、週末の事業の準備。クリスマスリース作りの材料を準備したり。

これは埴輪ストラップ作りをしてもらっているところ。
この後、展示室を見学してから、来月の月替わり体験の干支のストラップ作りの試作。

下の写真のように、ストラップだけじゃなく、ミニ置物にすることもできる!…予定だ

こんな感じで実際に必要な作業をしてもらって、あっという間の2日間の職場体験が終了。
体験の間にも、側近たちといろいろ話もしていたそうだ。学校、家、習い事…日頃の生活以外の場にいる、いろんな大人と交流することができたと思う。こういうことも職場体験の重要な点だな。

それはともかく、散歩でよく古墳にも来ているらしいので、また学習館にも遊びに来てくれよ!どうもありがとう~!

2019年12月11日

夕暮れ時のしおんじやま古墳

今日も天気がいいが、昨日もよかったな。これは、昨日の閉館時のしおんじやま古墳。

空気も澄んでいて、とにかくすごくキレイだ。

南の方の和泉葛城のスカイライン。美しい~

夕映えのしおんじやま古墳。


インスタ映えするだろ?
この風景を見るなら、古墳の開館時間が17時までなので、それまでに来てくれよ。よろしくな~

2019年11月30日

第15回しおんじやま落ち葉まつり!?

例年この時期の恒例のイベント。2005年に開館した学習館にとっては、「第15回しおんじやま落ち葉まつり」だ。

今日は、そのイベントの様子を届けるぞ。

学習館前。朝から雨も降って、大盛況だろ?

学習館の上の通路は、小さなニレの葉たちでさらに大盛り上がり!!

後円部から前方部を見たところ。あさイチは、ちょうど雨上がりで空気が澄んでキレイであった。

八尾の市街地もキレイ

大阪城もちらっと見えたり…分かりにくいかな…

前方部頂上。ま~こちらは12月からがまつり本番?

古墳南側。遠くは古市古墳群も見えているぞ。遠くだけどな。

そして、まつりの後…

側近が頑張ってこんな感じになったけど、明日の朝には元通りに。そして再びまつりがスタート。ま~年末までそんな感じだ。

2019年11月28日

こふんはにはに部、堺市博物館&弥生文化博物館へ行ってきたぞ!

子どもたちがしおんじやま古墳で、いろんな体験をして楽しむクラブ活動「こふんはにはに部」8月の第1回から始まって、第4回目の今回は遠足!タイトルの通り、堺市博物館と大阪府立弥生文化博物館の見学に行ってきた。

三国ヶ丘駅の上にあった展望台から仁徳陵古墳を見学

集合はJR久宝寺駅。そこら電車に乗って、堺市へ。今回は三国ヶ丘駅で降りて、仁徳陵古墳の東側を歩いて博物館へ。ちょうど周辺でイベントが開催されていたので、結構にぎやかであった。


博物館に到着~

館内では百舌鳥古墳群や堺市のいろんな時代の展示に関するクイズをときながら見学。

最後に解答してもらってから、ポイントとなる所をT学芸員から案内。
プレゼントももらって子どもたちもよろこんでいたぞ。

それにしても、堺市博物館は来館者が多かった~やはり百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録の影響を感じたぞ!

昼食の後は、再び電車に乗って、弥生文化博物館へ。

こちらでは、まずN学芸員から常設展のポイントを解説。

稲作については、模型を見ながら…

石器と鉄器の違いも聞いて…

さらに、卑弥呼の館で&卑弥呼の姿も

みんな真剣に聞いていたぞ

姉妹で一緒に来てくれた小さい子は、解説だと少し難しかったので、カイトとリュウさんの映像を見てもらって満足~

そうして、展示室をしっかり見学した後は、巨大すごろくの体験!

旧石器時代からスタートして、無事に?邪馬台国の女王になって、古墳に葬られるまで。

途中、土偶になったりすることもありながら、サイコロを振って、それぞれの時代で遺物のカードをゲットしながら進んでいく~

途中、銅鐸をゲットしなければ進めないポイントで、持っていなければ5マス戻って、相手のカードをうばえる!という指令。そうしたら、みんなそのポイントに集結して、まさかの銅鐸戦争勃発!?

白熱しすぎて、リアルに戦争になるかも?これは戦争の始まり?を目の当たりにしながら、何とか乗り越えて、最後は唯一参加の男の子が一番でクリア!

すると女子から「ずるい~」コール。
いや~特にずるくはないけど…

いろいろ記念グッズももらって、ミュージアムショップでコースターづくりのキットを買ったりして、みんなホントに楽しめた見学であった。

最寄りの信太山駅に戻り…

帰りの電車の中では、ゲットした弥生博の考古楽カードをみんなで見ながらわいわいがやがやであった。そして、八尾へ戻って今日の遠足が終了。

世話になったT&N学芸員、ホントありがとう~またよろしく頼むぞ~

2019年11月23日

兵庫県立考古博の古代体験フォーラム&特別展「埴輪の世界」に行ってきたぞ!

11月2日に、兵庫県立考古博物館で開催された「古代体験フェスティバル」へ行ってきた。

それに合わせて前日には、出展者が集まって情報交換と交流を兼ねた「古代体験研究フォーラム」も開催。

しおんじやま古墳は「発掘BOX体験」で参加したので、フォーラムでもこのワークショップの開発の経緯について側近が説明。

最後は、参加者に体験してもらった。

その他にも、高槻市の今城塚古代歴史館の冠作り、群馬県高崎市のかみつけの里博物館の古墳づくりゲームなども紹介。また、考古博と長年交流している台湾の新北市にある十三行博物館の活動紹介もあった。

最後にパネルディスカッションを行ったが、十三行博物館の学芸員から「しおんじやま古墳の体験は、ワークシートもあったり、最後にシールがもらえたり、すごく印象的でした。私の館でもシールを配ったり、デジタル発掘をしたりしています」ってコメント。しおんじやま古墳の体験は海外でも通用しそうだな。どうもありがとう~

そんなフォーラムの間に、現在、考古博物館で開催中の特別展「埴輪の世界」を見学した。

7月にしおんじやまの講演会でも紹介してもらった、兵庫県朝来市にある池田古墳の水鳥形埴輪を中心に、各地の埴輪が展示されている。八尾市の古墳から出土した埴輪も勢ぞろいしているぞ。

これは、八尾北高校をつくる時に見つかった「萱振1号墳の靫形埴輪」だ。

そして、こちらは国の重要文化財の「美園古墳の家形埴輪」

さらに、しおんじやま古墳の水の祭祀場の埴輪も展示されている。
八尾の埴輪が兵庫に大集合なのだ!

この日は、考古博の和田晴吾館長のミニ解説会も。三重県松阪市の宝塚1号墳の船形埴輪も展示さていたので、しおんじやま古墳の水の祭祀場の埴輪も使いながら、王の死から古墳へ埋葬するまでの古墳時代の葬送の様子を解説、当時の様子が思い浮かぶようであったぞ。

もちろん、池田古墳から出土した、1個1個、形の違う水鳥形埴輪も。こちらは一番ビッグサイズの鳥さんだ。

後ろにちっちゃいヒヨコを乗せた鳥も。

当時の人がどんな思いで作ったのかを考えたら、面白いな。

この特別展は、会期が12月1日まで。もう少しで終わりなので、興味のある者は是非見に行ってくれ!

古代体験フェスティバルの報告へ続く…

特別展「埴輪の世界-埴輪から古墳を読みとく-」
開催期間:2019年10月5日(土)~12月1日(日)
会場:兵庫県立考古博物館
時間:9:30~17:00
休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)
観覧料金 大人500円、大学生400円、高校生以下無料
詳細は考古博物館ホームページ
http://www.hyogo-koukohaku.jp/events/p6krdf0000007eho.html

2019年11月22日

八尾環境フェスティバル報告その②~古墳のぼりなど、いろんな歴史体験!~

11月10日に開催した「いきいき八尾環境フェスティバル2019」。ナイトミュージアムの他にも、いろんな歴史体験も実施したぞ。

まず、去年開催して好評だった「古墳のぼってそうじ選手権」
復元された古墳である「しおんじやま古墳」は、前方部に葺石や埴輪が古墳時代と同じように置かれている。葺石は斜面に置かれているので、普段は入ることができない(入っていたら、側近から愛のある注意が…)
でも、葺石の間の土からは草が生えるので、側近やボランティアの者たちで草抜きをすることも必要…

「葺石に入りたい子ども」+「草抜きが必要な葺石」

その両者が合体!
どちらもウインウインの企画なのだ。もちろん安全には配慮して…

ルールは簡単。下から上へ登る一方通行で、途中で草を5本は抜いて、前方部頂上まで行くというもの。

スピード重視の子もいれば、小さい子は親と一緒にゆっくりゆっくり登って…「選手権」とは言っているが、ゆる~い企画で、これがみんなよろこんでくれるのだ。

今回も午前と午後の1回ずつ開催して、古墳をきれいにしながら、楽しんでもらったぞ。

他に、広いしおんじやま古墳を利用したスタンプラリーを実施したり。

館内では、埴輪パズルをたくさん置いて、タイムを計りながら組み立て。

また、夏の体験まつりでも人気の「ガーネット&サファイア探し」も今回特別に実施。

このガーネットは、二上山周辺で採れたもので、古代に玉づくりで石を削る研磨剤に使われと考えられているのだ。

そんなガーネットを砂の中から探し出して、レジンに入れてキーホルダーにしてもらった。

そして、学習館の外では、弓矢体験も実施。

イノシシやシカの的に間に何と!余の的まで~
これだけあったら、当ててはいけないと思っても、当たってしまうではないか~

案の定、結構当たってたけど…

この弓矢は、ガラスを割って古代の石器のように作った矢じりと弓をつかったもの。みんなあまり体験をしたことがないようで(当たり前か…)、最初はうまくいかなかったが、徐々に当たるようになっていたぞ。

そして、そんな体験を2個以上したら、ガチャチャレンジ!

勾玉作りキットやハニワこうていポストカード、ミニ発掘キットなど、いろんなグッズをプレゼントしたぞ。

そんな感じで、1日いろんな体験をして、しおんじやま古墳を楽しんでもらった。それぞれのブースには、側近はもちろん、当日ボランティアとして近畿大学の学生団体「はちのじ」のみんなが手伝ってくれた。

最後は、みんなで記念撮影。

古墳に来たのが初めてって学生もいたようで、イベント終了後に古墳の上からキレイな夕陽を。

ちょうど久宝寺駅前のツインタワーの間に日が沈むというタイミングであったようだ!すばらしい~


余のモデルの蓋形埴輪がさらにキレイだ!

とにかく、この「いきいき八尾環境フェスティバル」は、11月9日にアリオ八尾でメイン企画があり、10日は、しおんじやま古墳と大阪経済法科大学で実施、17日はリサイクルセンターで開催するという内容。

しおんじやま古墳会場は、その中の一つエリア企画なのだ。また、いわゆる「環境」を直接考える内容ではないが、この企画では「歴史や文化」も広い意味での「環境」と考えている。

参加者はもちろん学生ボランティア、スタッフなど、この企画でしおんじやま古墳に触れて、「八尾」という街のことを少しでも知って、楽しんでくれたならうれしいぞ。
協力してくれた者たち、ありがとう~お疲れであった!!

2019年11月21日

八尾環境フェスティバル報告その①~昼間にナイトミュージアム!?開催したぞ!~

11月10日に、いきいき八尾環境フェスティバルを開催した。その中でも今年のメイン企画「昼間にナイトミュージアム!?」について、報告するぞ。

これまでも、いろんなミュージアムでナイトミュージアムの企画を実施していたと思うが、しおんじやま古墳は古墳の博物館。展示室には、しおんじやま古墳からの出土品を展示している。つまり、展示室の空間は、古墳=あの世へつながる空間とも考えられるのだ。

そこで、日本神話にあるイザナギ・イザナミの「黄泉の国」の話をモチーフに、展示室を真っ暗闇にして、あの世につながる空間に見立てて…イザナギのように、あの世につながる世界に進んで、そしてこの世に戻ってくる。そんなミッションを用意して、当日の参加者に、いつもと違う展示室を体験してもらった。

とは言っても、1日だけの環境フェスティバルのためなので、大きな造作はできない。でもワンフロアの展示室を真っ暗にしただけでは、何人も入ることができない。ということで、黒色のプラスチック段ボール&カーテンで展示室を簡易に仕切って、大きく2つに分割。さらに100均で購入したLEDライトにブルーのカラーフィルムをかぶせて遺物や埋葬施設を照らして、あの世の空間を演出。

なかなか、いつもと違う雰囲気になって側近たちも満足。さらに、イザナミに追われるイザナギが、桃やぶどうの蔓などいろんなアイテムを使ってこの世に戻ってくるので、それらのアイテムを展示室に展示物の間に隠して、探してもらいながら~という仕掛けも準備。

そして当日。参加者を案内する役割は、環境フェスティバルの運営を手伝ってもらっている近畿大学の学生団体「はちのじ」のみんな。また、しおんじやま古墳で開催中の子ども向けの連続講座「こふんはにはに部」の子どもメンバーも手伝ってくれた。

ちなみに、どのような感じで、進んでいくかを紹介すると…

まずは受付。そして、学習館の図書コーナーで、側近から日本神話の黄泉の国の話のミニ紙芝居と、展示室で行うミッションの説明。

遮光カーテンで外からの光が入ってこない展示室は全くの別世界。ブルーのハンディライトを持って展示物を見ながら、宙づりにした説明パネルを読みながら進んで…

中には「怖い~」って泣きそうになりながら、お父さんと一緒に進む子。また一人で頑張りながら進む子…

最後には、参加者よりも先に展示室に入って、あの世に行ったきり帰って来ない「ハニワこうてい」を探すというミッションも!

これまで偉そうに説明したが、みんなの助けを待っている余、そういう設定なのだ。

結局80名近い者が参加。怖がったり、面白がったり、みんな、とにかく楽しんでくれたようだ。

日頃と違う展示室。いつもなら、さらっと見てしまう展示物・展示パネルも、暗やみで見にくいけど、ライトを当てて熱心に見てくれていたぞ。
側近も初めての企画であったが手応えを感じたようだ。
参加者・スタッフからも「1日の企画ではもったいないですね~」という声も多かったので、時期は未定だがまた開催したい思うぞ。

参加できなかった者も、その機会があれば是非来てくれ~

いきいき八尾環境フェスティバル報告その②につづく。


2019年11月20日

古墳フェス・はにコットに行ってきたぞ~

11月17日に大阪府高槻市にある今城塚古墳で開催された「古墳フェス・はにコット」が無事終了。

スタッ墳(←スタッフの事)のみんな、本当にお疲れであった。

今年も余は午前と午後に登場。

和泉市のコダイくんとロマンちゃんと

古墳外濠での「古墳のある町PRのステージ」に出た後は、会場をまわりながら余のシールを配って、地道な世界征服活動。

古墳好きな小学生として有名な「古墳王子」や高槻市の子どもたちなど、今年もいろんな者たちとの出会いがあったぞ。

しおんじやまのミュージアムショップで出展してくれている作家たちのブースもあったのだが、余のシールが人気がありすぎて、ステージ周辺で配りまくりであった。

もはや第2の本拠地?って感じの高槻市だが、その中でハニワこうていシールを渡した子の親から…
「うちの子、去年はハニワこうていが怖くてシールもらえませんでしたが、今年は笑顔でもらえました〜」って。
おお~子どもの成長を余のシールで感じとは!!

さらに小学生の頃にしおんじやま古墳の近くでヘビーユーザーだった姉妹が、北摂に引越しをして最近うちには来れてないけど、はにコットなら会えるかも〜って、しおんじやま古墳で配布しているカードブックをわざわざ持ってきてくれた。

上のお姉ちゃんは、すっかり歴史好きになったそうで、中学校で歴史クラブに入ってるそうだ。素晴らしい~
さらに母親からは「ありがとうございます〜ホントにしおんじやまさんのお陰です〜」って。 側近はものすごくよろこんでいたぞ。こちらこそ、ホントにありがとう!!だ。

去年もすごかったが、今年も昨年に増して盛り上がった「はにコット」

来年も必ず登場するので、スタッ墳も大変だと思うが、よろしく頼むぞ~

2019年11月18日